Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)   by 芋次郎
 ✤ テン泊装備で雪山日帰り
Posted on 13.2017
ちょっと訳ありで高ノ瀬に行かなければならなくなりました。
この季節だと途中で一泊だな・・・、うん、そうしようってことで出発するのでした。

R438 塔の丸登山口付近の積雪
1_IMG_20170311_095259.jpg

見の越でいつもの宿坊の温度計はマイナス1度
2_IMG_20170311_104220.jpg

登山道の残雪は大体この程度
3_IMG_20170311_105443.jpg

最近雪降ったっけ?次郎ギュウは結構な積雪
5_IMG_20170311_113908.jpg

西島駅
6_IMG_20170311_114519.jpg
残雪もほとんどなし

今日も最高の天気
7_IMG_20170311_121107.jpg

刀掛けの松
8_IMG_20170311_121653.jpg

下界は茶色
9_IMG_20170311_123617.jpg

クッソ重いテン泊装備でやっと鳥居
10_IMG_20170311_124259.jpg

雲海荘の温度計でマイナス5度くらい
11_IMG_20170311_124555.jpg
天気はいいけど風が強くて体感的には寒いです

剣山頂
12_IMG_20170311_135415.jpg
残雪ほとんどなし

では縦走路に入る前に装備品の最終確認
13_IMG_20170311_132922.jpg
山では「自己責任」が基本ですからね

はい、回れ右
14_IMG_20170311_132927.jpg
途中のコンビニで買いこんだ、「晩飯」「お酒」「おつまみ」一式積み忘れ~

15_IMG_20170311_151240.jpg
こんなの担いで日帰りするのでした・・・


cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(6)  ✤ 
2017年03月13日(月)   by 芋次郎
 ✤ 里山探訪(2)
Posted on 06.2017
今週は里山シリーズ第2弾、スギ花粉たっぷり漂う早春の四国霊場二一番札所太龍寺山です。

水井(すいい)橋を渡ります
1_IMG_20170304_094822.jpg

1級河川 那賀川
3_IMG_20170304_095017.jpg

遍路道「太龍寺道」
4_IMG_20170304_095248.jpg

先週の津乃峰は石柱型丁石でしたが、こちらは舟型丁石なのです
5_IMG_20170304_100445.jpg

途中の六角屋根休憩所
6_IMG_20170304_100656.jpg

その脇に恐ろしい形相の岩
7_IMG_20170304_100737.jpg
※目玉と牙はいつもあるとは限りません。

舗装路はここまでですが、
9_IMG_20170304_101630.jpg
山道も擬木階段とかで整備されつくされてます。

ところで、舟型丁石とは舟の形の道しるべで約109m毎に設置されています。
ここは二十丁なので起点から約2,200mの地点ということなのです
10_IMG_20170304_102132.jpg
ワタクシ物知り博士なのです

11_IMG_20170304_102455.jpg

標高約500m、山門到着
12_IMG_20170304_103856.jpg

本堂
13_IMG_20170304_110205.jpg
休日というのに人もまばら

しかも、セレブはロープウェイで来ることができます
14_IMG_20170304_111424.jpg

山頂方向に向かう山道には仏像
15_IMG_20170304_112046.jpg
この雰囲気を分かりやすく例えると、
深夜に山頂に行こうとするとボロボロの服を着た白髪の老人が現れて「この先に行ってはならん!」みたいな

捨身ケ嶽の空海座像
16_IMG_20170304_113419.jpg
空海さん修行中

へんろ道
17_IMG_20170304_114012.jpg
うん、やっぱりいい

山頂
18_IMG_20170304_114902.jpg
眺望は特になし

帰りにちょっと寄り道、ロープウェイの支柱
19_IMG_20170304_124000.jpg

セレブさんたちが乗ったゴンドラ
20_IMG_20170304_124934.jpg

グイイィィィーーーン
21_IMG_20170304_124936.jpg

グキッ!
22_IMG_20170304_124940.jpg
く、く、首が~


cetegory : 思いつき  ✤  comments(4)  ✤ 
2017年03月06日(月)   by 芋次郎
 ✤ 里山探訪(1)
Posted on 28.2017
なかなか最近まとまった時間が取れませんので地元周辺をウロウロしておりまして、この日は鍛冶ケ峰と津乃峰に行ってきました。

出発地は阿南市長生町の石門公園
1_IMG_20170226_085935.jpg
公園といっても別に何もありません。駐車スペースも1台分だけです。早い者勝ちです。

通称「ひょうたん池」
2_IMG_20170226_090019.jpg

この池のすぐ脇から山道が始まるのです
3_IMG_20170226_090106.jpg

利用者はそこそこありまして、手入れが行き届いた山道つーか参道
4_IMG_20170226_090358.jpg

右方向に進めば津乃峰、左は鍛冶ケ峰
5_IMG_20170226_090715.jpg
まず鍛冶ケ峰に進むことにします

標高220m程度の低山なのであっという間に到着、神社の鳥居
7_IMG_20170226_093532.jpg

山頂付近にはこんな立派な展望台
9_IMG_20170226_094516.jpg
お弁当持参がよろしいです

山頂の岩「大岩権現」
11_IMG_20170226_094551.jpg
御神体なので乗っかったりしないように
そして向こうに見えるのがこれから向かう津乃峰

なんですが、尾根縦走のルートはありませんので、一旦下山
12_IMG_20170226_105659.jpg
寂れたお堂みたいな神社に取りつく

ここからはのどかなブロッコリー畑脇の舗装路
13_IMG_20170226_110703.jpg

3kmくらい歩いて津乃峰神社の大鳥居
14_IMG_20170226_115152.jpg

こちらも途中は割愛、観光リフト乗り場到着
15_IMG_20170226_123733.jpg

この付近は大昔海岸だったから岩窟が点在してます
18_IMG_20170226_130959.jpg

そのうちの一つ「神明の窟」
19_IMG_20170226_132621.jpg
海蝕洞ってやつ

山頂の拝殿に続く石段
15_IMG_20170226_131735.jpg

営業中のお土産屋は一軒だけ
16_IMG_2017026_125116.jpg

津乃峰神社拝殿
17_IMG_20170226_124530.jpg
ま、いいか

お帰りはこちら
20_IMG_20170226_134309.jpg

後ろの貫録のある道標が気になる気になる
21_IMG_20170226_134655.jpg

左桑野道 右長生道
22_IMG_20170226_134707.jpg
この手首がなんともの明治39年製

ほかの丁石も欠けたりせずいい状態で残ってます
23_IMG_20170226_135408.jpg

里山歩きもこんな歴史的工作物に味があってなかなかいいです。


cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(0)  ✤ 
2017年02月28日(火)   by 芋次郎
 ✤ ヘリコの訓練を見にいったよ
Posted on 17.2017
自衛隊のヘリコでけが人の夜間救急搬送訓練がありました。

予定時間は午後6時30分、自衛隊風にいうとヒトハチサンマル
1_DSCF9062.jpg
かなり暗いですが、あの黄昏に機影を捉えることができれば・・・・

反対側から飛んできやがった!!
2_DSCF9064.jpg
機種は多用途ヘリコプター UH-1J

着陸直前
3_DSCF9068.jpg

ホバリングしながら90°回頭して
4_DSCF9069.jpg

これこれ、こんなところに救急車を停めるんじゃない!!
5_DSCF9072.jpg

負傷者役の人が担ぎ込まれる
6_DSCF9075.jpg
すこしくらいライトアップしてくれりゃいいのに、ったく!

離陸は動画で撮っておきました
点滅しながら移動する点の動画をご堪能ください
[広告] VPS



cetegory : 思いつき  ✤  comments(4)  ✤ 
2017年02月17日(金)   by 芋次郎
 ✤ 戻した即席麺のチョコクリーム和え
Posted on 08.2017
このレポを夢も希望も未来もないおっさん諸氏に捧ぐ

今年もこのシーズンがやってきました。そう、躇故霊吐と呼ばれる甘ったるいものが行き交うあの日だ。
ところで、先日コンビニで気になるものを見つけた。
ペヤング 焼きそば
ペヤングぎりチョコレートやきそば

今年はこんなのが流通することが十分予想されるため、アメリカ軍の戦闘食で少々のキワモノでは動じなくなったワタクシが毒見試食を敢行したいと思う。

早速開封
ペヤング 義理チョコ
細めの麺にやきそばソースとあとのせトッピング

粘性の高いやきそばソースにトッピングはクルトンと赤いのがイチゴの加工品らしい

調理完了
ペヤング 義理チョコ
これが本日のフル炭水化物ランチ

見た目は普通のカップやきそばなのですが、香ばしくスパイシーな食欲をそそる香りではなくて

もわ~~~っと立ち上る甘ったるいにおい

ソースをちょっと舐めてみると・・・

やはりと言うか 甘っ!

これはもはややきそばではありません

一応完食はしまして、食レポつーよりも悲劇を繰り返さないための対策を提案したいと思います。

 1、戻した麺には市販のやきそばソースを絡めて召し上がるのがよろしいです

 2、付属の自称やきそばソースは普通のチョコクリームなので食パンにでも塗ってお召し上がりください

 3、トッピングはク○ールとかのコンポタスープに利用できます

 4.バレンタインにもらった場合、ホワイトデーの仕返、もといお返しには「くさや」を是非!

                                         以上、

塩味は殆どありませんので、血圧高めで塩分を控えていらっしゃる方はお薦めできます。(味を除く)




cetegory : 山食・奇食  ✤  comments(2)  ✤ 
2017年02月08日(水)   by 芋次郎

««BACK  ✤  BLOG TOP  ✤  NEXT»»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。