Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ 星や夜景など
Posted on 04.2014

最近「ヤマレコ」も始めました。

【ルートマップ・コースタイム】<==こちらをクリック

「星でも眺めながら一杯やるか」で、やってきました。コリトリ橋。
1_DSCF2774_convert_20141104175958.jpg
今日はここを出発し、次郎ギュウでテン泊の予定です。

11月16日に光石から三嶺の登山道、フスベヨリ谷付近で「鉄砲によるシカの駆除をするから立ち入らないでください」と。
2_DSCF2804_convert_20141104180022.jpg
ついでに山でポイ捨てをする「ウマシカ」も駆除じゃ~!

一の森到着。今日も快晴!
2_DSCF2819_convert_20141104180957.jpg

剣山山頂
3_DSCF2828_convert_20141104180052.jpg

本日の寝床となる次郎ギュウに向かいます。
4_DSCF2831_convert_20141104180108.jpg

次郎巻道の水場
5_DSCF2833_convert_20141104180128.jpg
ここで、がぶ飲み+宿泊用の水を補給します。次郎ギュウは水場が近いのがいいです。

宿泊地到着
6_DSCF2835_convert_20141104180144.jpg

今日は珍しく日没前に寝床が完成しました。
7_DSCF2838_convert_20141104180205.jpg

コンビニで珍しいビール見つけた
8_DSCF2843_convert_20141104180224.jpg9_DSCF2846_convert_20141104180242.jpg
軽井沢町で作られている、「僕ビール、君ビール」っての。バーボンのポケットボトルの中身はキリンの富士山麓ってアルコール50%のウイスキーで今夜も美酒に酔いしれるのです。
※靴にペットボトルを突っ込んでいるのはテン泊の知恵で、転倒防止と凍結防止のためです。

満月ではないものの、そこそこの月夜ですね。
10_DSCF2849_convert_20141104180300.jpg

モノには限度というものがある
11_DSCF2853_convert_20141104180318.jpg
感度上げすぎ。昼やん!!

グゾ~~、こっちも失敗作。
12_DSCF2868_convert_20141104180338.jpg
次からはディスプレイで確認することにします。

これはまだマシな方か?中央付近で大きいのが「シリウス」です。
シリウス
ナウシカさんが「ミト、シリウスに向かって飛べ!」と指示した、あのシリウスです。分からない人はミト失格です。

翌朝、ご来光は・・・
13_DSCF2893_convert_20141104180357.jpg
なんで、そっちにだけ雲があるんよ!!

朝日に照らされる三嶺
14_DSCF2900_convert_20141104180417.jpg
こう遠くまで見渡せると、地「球」なんだなってことがよくわかります。

石鎚の雄姿もバッチリ
15_DSCF2903_convert_20141104180437.jpg

帰り道から宿泊地を振り返る
16_DSCF2913_convert_20141104180500.jpg
その後、静岡から来たという「山が有る」とすれ違いに少し話して体力が回復しました。

剣山頂まで帰ってきました。足元に東横インのビニール袋。夜は風が強かったので今朝のものでしょうね。
16_DSCF2924_convert_20141104180518.jpg17_DSCF2932_convert_20141104180558.jpg
もしかして、先ほどの「山が有る」が落としたのか?回収して処分しておきました。
もし、すれ違ったのがオッサンだったら・・・駆除して処分じゃ!

一の森の笹原
17_DSCF2939_convert_20141104180615.jpg

こちらは一の森のテン場です。
18_DSCF2941_convert_20141104180631.jpg
3張くらいかな?でも、笹に囲まれているので風には強そうです。

スポンサーサイト

cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年11月04日(火)   by 芋次郎
 ✤ Comment






 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://tobotoboyamaaruki.blog.fc2.com/tb.php/66-27defdf1

 ✤  BLOG TOP  ✤