Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ 登山口縦走やっちまった
Posted on 17.2014
今日も天気がいいので山歩きに行ってきました。今日のコースは久しぶりの土小屋からの石鎚山です。

ルートマップ(概念図)
石鎚概念図convert_20140516102002
【コースタイム】
駐車場(7:55)=>岩原(8:55)=>土小屋(11:10)=>弥山(12:50)=>成就社(14:00)=>駐車場(15:10)


朝4時に出発、松山道突入。
1_DSCF1030_convert_20140517202515.jpg

山歩きスタート。あれ?ここは西之川登山口では?今日は土小屋の予定だったのに?
3_DSCF1037.jpg
いやー、うっかり間違えてしまった!でも今日は土小屋から登ると決めていましたので、ここから土小屋登山口に移動します。
初志貫徹!どーんと行ってみよう!!

いつもはここを右に曲がりますが、今日は土小屋方面。
4_DSCF1039.jpg
直進じゃ!

この橋、大丈夫かの?
5_DSCF1041.jpg
もし、「この橋渡るべからず」と看板があったら、それは安全のための通行止めなので渡ってはいけません。「はしがダメなら真ん中を・・・」などは「屁理屈」といいます。

正解!!
6_DSCF1043.jpg
蜂は鈴などで忌避できません。どこからともなく現れ、突然急降下してきます。

岩原までやってきました。道標どおりに進みます。
7_DSCF1059.jpg
ここも直進じゃ!で、ここから先は未知の領域。通行も少なそうなルートですし、道も荒れているだろう。岩を登りガレ場を越え・・・・

こんなのでした。
8_DSCF1063.jpg
植林の中のとても歩きやすい道でした。

この季節にしては珍しい。
9_DSCF1067.jpg
「ニガクリタケ」ですね。毒キノコですが、大変苦いので味見をした時点で捨ててしまうと思います。死亡例があるようですが、苦いのを我慢して食べたのでしょうか?

ツナノ平(ナル)を越えて夜明かし峠方面に向かう分岐
10_DSCF1069.jpg
西之川から5.2km、土小屋まであと1.7km

ヤマウド見っけ!
11_DSCF1083.jpg

毎度おなじみ、トリカブトでございます。
12_DSCF1080.jpg

程なくして土小屋登山口の駐車場到着
13_DSCF1097.jpg
のらりくらりと歩いたので3時間以上もかかってしまいました。

では、ここから予定通り土小屋登山口しゅっぱーつ!!
15_DSCF1107.jpg

よく整備された歩きやすい道です。
16_DSCF1110.jpg

鶴ノ子ノ頭にアケボノツツジ
DSCF1112-2.jpg

南方向に瓶ケ森
17_DSCF1114.jpg

振り返ると
18_DSCF1116.jpg
土小屋の駐車場と国民宿舎

Was ist das?(これはなんですか?)
19_DSCF1122.jpg
こんなのが何か所か設置されていました。

いよいよ木々の隙間から石鎚主峰が見えてきました。
20_DSCF1126_convert_20140517202437.jpg

木道の柱が折れています。
21_DSCF1159_convert_20140517202457.jpg
お心当たりのある方は食事制限をお願いします。

ここはどこ?ってな感じです。
23_DSCF1167_convert_20140517202338.jpg
5月も中旬を過ぎてまだこんなに残雪が。

土小屋ルートと成就社ルートの合流点
24_DSCF1170_convert_20140517214213.jpg
みなさん鎖を登ってますな~

通行止めだった三の鎖の工事中
25_DSCF1176_convert_20140517202402.jpg
ところで、機械はどうやってここまで持って来たの?

天狗岳と土小屋登山口
27_DSCF1183_convert_20140517202546.jpg
今日はだれもロッククライミングしていません。でもね、あんな崖をロープ1本で登って面白いのか?ロッククライミングをやっている人には申し訳ないですが、これだけは全く理解できません。では、帰るとします。帰りは成就社ルートです。

遥拝の鳥居
29_DSCF1212.jpg

成就社の山門
30_DSCF1214.jpg

山門のそばに
31_DSCF1215.jpg
これは、なんて花ですかな?

≪6月11日追記≫
ケシ科ミヤマキケマン、別名フウロケマン です。

そして成就といえばこれ!!成就社名物「ゼニクイバコ」
32_DSCF1219.jpg
またの名を「自動ボッタクリ機」。ここまではロープウェイで運搬ができるのに、歩荷で運んだわけでもないのにこの値段。センサーに反応して「いらっしゃいませ、冷たいお飲みものはいかがですか?」っていう自販機あるよね。これもセンサーをつけて「高い?じゃあ一旦下りて買ってくれば?」とでも言わせればいいのだ!!

スポンサーサイト

cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年05月17日(土)   by 芋次郎
 ✤ Comment






 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://tobotoboyamaaruki.blog.fc2.com/tb.php/31-2d3ef8e6

 ✤  BLOG TOP  ✤