Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ 怒りの東赤石山
Posted on 25.2015
紅葉がなかなかいいとの情報を得たもんで、東赤石山周辺でツェル泊でもと出かけてました。

今回のルート概念図
1_赤石_概念図271025

9:25 筏津登山口を出発するのであった
2_DSCN2671.jpg
相変わらず遅い出発、もっと早起きしようね

登山口のすぐ上で恥ずかしがりやなマムシちゃん発見
3_DSCN2672.jpg
「大丈夫、大丈夫。今日は写真を撮るだけだって!とっ捕まえてホワイトリカーに漬けたりしないからさ~」
なのにカメラを向けるとそそくさと逃げていきました

写真ではアレだけど、実物はなかなかカラフルで良かったですよ
4_DSCN2673.jpg

このルート最大の危険個所、東赤石登山道名物「腐った橋」
5_DSCN2674.jpg

こんなのが何ケ所もあります
6_DSCN2675.jpg

この程度の高さでも落ちればそれなりに・・・
7_DSCN2676.jpg

途中の沢筋で紅葉を眺めながら休憩
8_DSCN2678.jpg

「ミヤマハナゴケ」だったっけ?
9_DSCN2685.jpg
この地衣類もこの山系の特徴

東赤石山頂到着
10_DSCN2688.jpg
実はこの標識の裏にはおでん文字の落書きがあります
岩にもガリガリーッてやられてまして、おでん文字を
もし犯人を見つけたら

マムシを投げつけてやる!

と、心に誓うのであった・・・

で、気を取り直して八巻山方向
11_DSCN2689.jpg
山頂に若いのが二人いて、その後合流しました

新居浜市方向もちょっと霞んでました
12_DSCN2690.jpg

赤石山荘付近から八巻山
13_DSCN2694.jpg
なかなか立派な岩山で通過に時間がかかるので本日は横道スルーします

物住の頭に向かう途中を、久しぶりに立体視
14_DSCN2697.jpg
左目で右、右目で左の画像を見ると「あーら不思議!」
あっ、ここは見た目ほど足元は悪くありません、落ちたら知らんけど・・・

物住の頭到着
15_DSCN2698.jpg

そして、西赤石山
16_DSCN2700.jpg

銅山越で一休み
17_DSCN2702.jpg

疲れてくると、水ってなんとなく飲みにくいっていうか、喉を通りにくくないですか?
そういえば、アメ軍の戦闘糧食「MRE」には必ず粉末の駄菓子屋飲料が付いてたな・・・
18_DSCN2703.jpg
そんなわけで持ってきました、駄菓子屋飲料
いや、じつはこれいただきものでして、ありがとうですEMJさん

大永山トンネル
19_DSCN2704.jpg
あれ?下山?ツェル泊は?

おつまみ買い忘れた・・・
おでん文字でテンション下がったし・・・
水も心細いし・・・

さて、ここから筏津までランか?と思ったら、そうなんです先ほど八巻山にいて、日浦に下山した二人組と再会しまして、なんと筏津まで車で送ってくれることに!好青年のご厚意に甘えて

びゅーーーんと、あっというまに筏津到着

ありがとうでした、インテグラの若者!!


スポンサーサイト
cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(2)  ✤ 
2015年10月25日(日)   by 芋次郎
 ✤ 京柱峠から剣山(2日目)
Posted on 05.2015
今回のルート概念図
0_京柱

では、ここから本編
朝飯はアルファ米に鮭フレークを投入した鮭ごはん&インスタントみそ汁
1_DSCF6675.jpg

ツェルトを撤収し三嶺山頂まで戻る
2_DSCF6680.jpg
このときの気温は手元の温度計で3~4度ってところ
ひーんやり縦走適温、天気が良かったから昼間は暑くなったけどね

鎖場を下っている途中でご来光
3_DSCF6687.jpg

秋の風情の東熊山
4_DSCF6691.jpg

韮生越(にろうごえ)分岐の道標に鉦が附けられていた
5_DSCF6695.jpg

白髪の避難小屋
6_DSCF6696.jpg

と、テン場
7_DSCF6697.jpg
ペグ固定用の石ころもあります

ちょっと一休み
スティックパンにマヨネーズでカロリーオン
8_DSCF6698.jpg
最近どうもカロリーオフとかなんとか軟弱なのが幅を利かしやがっていかん

高の瀬まで来ました
9_DSCF6702.jpg
看板がリニューアルされてました

丸石まで来て大御所2座を残すのみ
10_DSCF6708.jpg

山の南側は標高1,900m付近で紅葉が始まったばかり
11_DSCF6720.jpg

次郎ギュウ
12_DSCF6722.jpg

そして剣山への最後の登り
13_DSCF6724.jpg

剣山頂は混雑してたのでさっさと下山することに
14_DSCF6727.jpg

見の越登山口到着で
18_DSCF6734.jpg

徒歩終了~~~

では、これからバイシコゥで京柱峠まで戻ります
15_DSCF6735.jpg
パンクしないでね

無事、京柱峠到着
16_DSCF6737.jpg
見の越から41.4kmで3時間少々でした

本日の営業は終了しました、峠茶屋「京柱」
17_DSCF6740.jpg
そう来たか・・・


cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(8)  ✤ 
2015年10月05日(月)   by 芋次郎
 ✤ 本業に復帰、京柱峠から剣山
Posted on 05.2015
体調も万全となり久しぶりに本業である山歩きに復帰しました。

で、今回の作戦要綱

一、京柱峠から剣山まで縦走
一、見ノ越からチャリンコで京柱峠まで戻る
一、峠茶屋「京柱」でしし肉うどんを食す

以上、健闘を祈る!

まずは見ノ越の駐車場にチャリンコをデポ
1_DSCF6584.jpg
チャリンコはシルバーウィークに四国一周で耐久テスト済

京柱峠
2_DSCF6587.jpg
ここを出発し、明日ここまで戻って念願の「しし肉うどん」を食らうのだ!

今回、初投入の行動食、井村屋のスポーツようかんプラス
3_DSCF6602.jpg
これ一つで113kcalあります 甘さ控えめでなかなかいけます

まあ途中は省略して土佐矢筈山
4_DSCF6606.jpg

土佐矢筈から東方向
5_DSCF6607.jpg
写真中央付近に最終目的地である剣山

アップにすると
6_DSCF6611.jpg
右が次郎ギュウで左のが剣山ね

そして西方向
7_DSCF6609.jpg
写真では分かりにくいけど石鎚まではっきり見えてました

これまたアップで
8_DSCF6591.jpg
写真中央付近のが石鎚山
石鎚周辺では既に紅葉が見頃なそうな

矢筈峠の駐車場
9_DSCF6613.jpg

綱附けに向かう途中でススキがいい感じでした
10_DSCF6621.jpg

綱附森到着
11_DSCF6626.jpg

これから地蔵の頭に向かう
12_DSCF6631.jpg

天狗塚も目と鼻の先
13_DSCF6633.jpg

綱附新道との合流点
14_DSCF6635.jpg

このルート最大の難所、地蔵の頭への登り
15_DSCF6641.jpg
ここは毎回半ベソかきながら登ってます

地蔵の頭
16_DSCF6644.jpg

時間的に遅くなったので天狗塚には寄りませんでした
17_DSCF6645.jpg

では、これより三嶺に向かいます
18_DSCF6652.jpg

日没寸前に西熊到着
19_DSCF6655.jpg

そして、ちょっと食ってる間に日没
20_DSCF6659.jpg

三嶺到着はお約束の真っ暗
21_DSCF6662.jpg

三嶺避難小屋が誰もいそうになかったから立ち寄ったら2人避難民がいた
22_DSCF6663.jpg
白髪まで行くかどうか迷ったけど、今日はここで一泊することに
腹も減ったしね

晩飯はカップの富士宮焼きそば
23_DSCF6665.jpg
今までは浜松のサービスエリアまで買いに行ってたけど最近ではここらのコンビニでも売ってます
しかも値段は半額以下のような気がする・・・ぼったくられてた?

やってくれるじゃないか、富士宮!


カップ焼きそばの戻し汁は?
24_DSCF6667.jpg
インスタントの粉末玉ネギスープでいただきました そこらに捨ててはいけません
戻し汁は少し塩味がありますので、倍くらいの量で溶かすとちょうどいいです

今日は天気がいいので星空撮影会
25_DSCF6671.jpg
満天の星過ぎてどれが何星やら何座やらさっぱり分からん!!

明日に続く!


cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(6)  ✤ 
2015年10月05日(月)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤