Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)   by 芋次郎
 ✤ 光石から三嶺周遊
Posted on 22.2015
もう雪はほとんど融けてしまったのだろうな・・・
1_DSCF5017.jpg
光石登山口、しゅっぱーつ!

ほどなく、八丁避難小屋
2_DSCF5018.jpg

内部は、まあ一般的な避難小屋
3 4hattyou
でも囲炉裏もあって、焼き肉で利用されることのほうが圧倒的に多いです

ここから「カンカケ谷」(左)方面に行って、明日「フスベヨリ谷」(右)から帰ってくる予定
5_DSCF5019.jpg

雪解け水の色がなんとも
6_DSCF5029.jpg

キリンさんの木
7_DSCF5031.jpg

渡渉点
8_DSCF5036.jpg
トントント~ンと行きましょう

渡った先で「ワサビ」
9_DSCF5041.jpg

尾根までもう少し
10_DSCF5047.jpg
グデグデの腐り雪

お亀岩ヒュッテすぐ下の水場で泊用の水を確保します
11_DSCF5059.jpg
ついでに「ラクダ飲み」もしておきました

お亀岩避難小屋
12_DSCF5064.jpg

ついでにここの内部もご案内
13 14_okame
薪ストーブがあって快適そうですが、薪はご持参くださいね!

お亀岩ヒュッテを後にして
15_DSCF5068.jpg

西熊山に向かいます
16_DSCF5072.jpg

西熊山山頂
17_DSCF5075.jpg

三嶺に向かう縦走路ですが、残雪の状況は・・・?
18_DSCF5078.jpg

笹原の向こうに祖谷の盟主「矢筈山」
19_DSCF5083.jpg

先行者をズームで
20_DSCF5092.jpg
雪渓に往生してます
でもホント、見た目以上にシンドイですから

ちょっと一休みして、歩いてきた稜線を振り返る
21_DSCF5096.jpg

なんとか「三嶺」到着
22_DSCF5106.jpg
さて、今日はこの辺で寝るとするか

避難小屋に下りていく
23_DSCF5115.jpg
山頂池の氷もほとんど融けてます

では、ツェルトを建てる間に「金麦」の用意を
24_DSCF5124.jpg

ツェルト完成
25_DSCF5126.jpg
うん!やっぱりツェルトがいい

ちょっと早いけどいつもの貧相な晩飯
26_DSCF5144.jpg

日が暮れて
27_DSCF5163.jpg
ツェルト右側の小さな点はヒュッテの明かりです

見て見て!北斗七星
28_DSCF5159.jpg

【翌朝】

次郎ギュウの肩にご来光
29_DSCF5171.jpg

昨夜は風もなく大変穏やかなツェルト泊でした
30_DSCF5181.jpg

撤収完了
31_DSCF5183.jpg

一旦、三嶺山頂まで戻って
32_DSCF5193.jpg

ここから下山します
33_DSCF5194.jpg

こんな雪渓がありますのでルート選定は慎重に
34_DSCF5196.jpg
(ここは高巻した)

土石流跡にとりついた
35_DSCF5204.jpg

ここからはこんなゴロゴロ地帯を下ります
36_DSCF5205.jpg

で、どれがヌスビト岩?
37_DSCF5207.jpg

あの場所から下りてきたってわけ
38_DSCF5212.jpg

恐怖のつり橋
39_DSCF5218.jpg

ただ今戻りました「八丁避難小屋」
40_DSCF5223.jpg

ウソだろ~!
41_DSCF5226.jpg
駐車場までもう目と鼻の先なんだけど崩れているよ~
ぶら下がっているロックネットのワイヤーを掴みながらなんとか通過しました
ワイヤーがお釈迦様が垂らしてくれた蜘蛛の糸に見えました、合掌

駐車場は晴天の日曜日にも関わらず、この台数
42_DSCF5228.jpg
「よし!わかった!」あの崩れは昨夕から早朝にかけて起きたものだ

何はともあれ下山時Cレモ普及活動
43_DSCF5231.jpg

【本日のおまけ】
帰り道、工事現場の看板がかなり秀逸でした
44_DSCF5233.jpg


スポンサーサイト
cetegory : 高知県の山  ✤  comments(6)  ✤ 
2015年03月22日(日)   by 芋次郎
 ✤ ツェルターへの道
Posted on 01.2015
寒い、寒いとボヤいてないで、
冬も元気にツェルトでいこうぞ!!

そんなわけでやってきました、いつもの見ノ越登山口
1_DSCF4695.jpg

リフトトンネルもこのとおり
3_DSCF4718.jpg

登山リフトのルートに落ちる影が”グポーン”な感じ
2_DSCF4717.jpg

山頂まであと少し
4_DSCF4748.jpg

鳥居はちょっと失礼して高巻きしました
5_DSCF4751.jpg

山頂ヒュッテは2階部分までの積雪
6_DSCF4753.jpg

そこから見上げる東テラス
7_DSCF4756.jpg
ここを駆け上れば

山頂の雪原到着
8_DSCF4759.jpg

山頂から次郎ギュウ
10_DSCF4771.jpg

アップで見ると結構雪崩てますな~
11_12_DSCF4770.jpg
次郎山頂には2組4名様、一人コケてるけど・・・

今日は次郎ギュウまで行ってみようかな~??
13_DSCF4797.jpg
で、ここまできたけど、やっぱりめんどくさい

剣まで戻って寝床建設
14_DSCF4803.jpg
いつの間にかファイントラックの「ツェルトⅡ」

風よけの雪ブロックを積み上げてと
15_DSCF4805.jpg
雪原ボッチ、かんせー!

あ~腹減った、メシにしましょう
16_DSCF4808.jpg
相変わらずのカップめん

この「辛辛魚」ね、お湯を注いだ蒸気を吸い込んだだけでゴホッゴホッ
17_DSCF4810.jpg
しっかり辛みがあって体温回復にいいですよ

で、ツェルト内側
18_DSCF4811.jpg
ほとんど結露してません!あの値段はダテではないってこと

日が暮れた
19_DSCF4840.jpg
やっぱりツェルトはおされだね~

曇ってたけど月が明るかったから
20_DSCF4823.jpg
ISO感度800で30秒開けてました

LEDライトでメッセージ(写真は左右反転しています)
21_DSCF4829-2.jpg
おやすみ、あ~した天気にな~あれ

翌朝
22_DSCF4845.jpg
なんじゃ!こりゃー!



cetegory : 山道具  ✤  comments(0)  ✤ 
2015年03月01日(日)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。