Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ ツェルト、やっぱり悔しい
Posted on 28.2014
前回、実証実験でザックの肥やし宣言したばかりのツェルトですが、他人が平気で使いこなしているところをみると、やっぱり悔しい!!

ユキヤマツェルトトッコウセヨ

国道438号線第2ヘアピンカーブを過ぎてチェーン装着
1_DSCF3544.jpg

夫婦池もこのとおり
2_DSCF3545.jpg

ツエルト特別攻撃「野良犬隊」出撃じゃ~
3_DSCF3548.jpg

剣神社宿坊、いつもの温度計ではマイナス4度
4_DSCF3549.jpg5_DSCF3550.jpg
                       登山道もいつもな感じの雪道です。

リフトトンネル
6_DSCF3551.jpg7_DSCF3552.jpg
                       リフトのルートは立ち入り禁止ですよ!!

積雪は深いところで1mくらいです。
8_DSCF3558.jpg

西島駅が見えてきた。山頂も
9_DSCF3560.jpg

登山リフト西島駅で少し休憩
10_DSCF3564.jpg

三嶺に続く縦走路
11_DSCF3567.jpg

で、本日の全装備
12_DSCF3569.jpg
いつの間にかワカンも復活してたりして・・・

刀掛の松のところの祠
14_DSCF3578.jpg
雪が深いときはこの祠がスッポリ埋まります。

山頂までもう少し
15_DSCF3583.jpg

山頂小屋「雲海荘」わきの階段
16_DSCF3585.jpg
これを登りきると

そこは雪原だった・・・
17_DSCF3586.jpg

山頂到着 & 次郎ギュウに続く稜線
19_DSCF3591.jpg

これから向かう”ハズだった”「一の森」方面
20_DSCF3590.jpg
面倒くさい病が発症してしまいまして

ここで、アレだ、ちょっと失礼して
21_DSCF3595.jpg

やっちゃしました、寝床建設。
22_DSCF3597.jpg
このツェルトは低いから窮屈なんだよ。そうだ!雪の上なんだから床面を掘り下げればいいではないか!
ツェルトの床部分は外側に広げて雪をのっけてます。そして床面を20cmほど掘り下げて頭上のクリアを確保する縄文人もビックリの竪穴式ツエルトが、ここに完成した。

♪戦いすんで~日が暮~れて~♪
23_DSCF3605.jpg

気温はマイナス10度まで下がってます。
24_DSCF3606.jpg
さぶ~、ツェルトに入ろ

こんなこともあろうかと、用意してました。暖房器具
25_DSCF3611.jpg
特攻!とか言いながら、やっぱりこれだ。

晩飯にしましょう。
26_DSCF3617.jpg
定番の焼き鮭ハラミと、ご当地インスタントの「金ヌー」で、

落ち着いたところで、仏蘭西式晩餐
27_DSCF3619.jpg

そういえば、剣山で寝るのって初めてでしたな。
28_DSCF3620.jpg
「赤よかいち」をチビチビやりながら、物思いにふけっておりました。さて、寝るか。

AM2時ごろ、強烈な風で目が覚めた
29_DSCF3624.jpg
ツェルト内側の白いのは凍結した結露。それが風で煽られて降ってくる。どうすることもできないので、二度寝に突入。

朝飯は、カフェラテと焼きチーズパン
30_DSCF3627.jpg
この直後、火にかけてたカフェラテが突然吹きこぼれた!
超A級スナイパーのゴルゴ13といえども避けきれずゴミ袋送りとなったらしい。

ツェルトはというと、あの風をよく耐えたものです
31_DSCF3628.jpg

撤収完了
32_DSCF3636.jpg
この冷え冷え冷凍ザックを担いで、帰るとしますか。


スポンサーサイト
cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(2)  ✤ 
2014年12月28日(日)   by 芋次郎
 ✤ サンタさん、ありがとう
Posted on 25.2014
願いが叶いました!

MSRの「Responder T」です。
DSCF3536_convert_20141225181716.jpg
まあ、自分で買いに走ったんですけどね

サンタさんは年末調整に力を貸してくださったようです。

これで今まで使ってた車載用の安物プラスコや石炭スコップは、めでたく退役。野良犬越冬隊の準備は順調に進んでおります。

でもね、こんなことだったら、スコップといわず、

「クルーザー」でもお願いしとくのだった・・・・残念!!


cetegory : 山道具  ✤  comments(0)  ✤ 
2014年12月25日(木)   by 芋次郎
 ✤ 機動力を手に入れたい!!
Posted on 23.2014
雪山装備は嵩張る!重い!!
機動力を手に入れるには装備を軽くすることですね。今のところモンベルのステラリッジⅡをメインで使っていますが、ツェルトが使えれば・・・
と言っていきなりツェルトで雪山に特攻するのも何ですし。
テキトーな雪山でツェルトの実証実験をやることになりました。
こんな時は最寄りの雪山、高丸山でしょう。

高丸林道です。
1_DSCF3475_convert_20141223185806.jpg
チェーンも持ってますけど面倒くさい。
2WD・Non TURBOではここまでか・・・

先行車のタイヤ跡はスタッドレスです。下りは大丈夫か?
2_DSCF3478_convert_20141223185837.jpg3_DSCF3479_convert_20141223185856.jpg
まあ、金持ちは滑ってぶつけても、また買えばいいのだ!
うん?こんな記事前にも見たような・・・・

高丸山頂は青空ですな~
4_DSCF3477_convert_20141223185921.jpg

山頂をズームしてみると、一人います。(この写真ではわかりにくいが、赤いのが動いてました)
5_DSCF3483_convert_20141223185943.jpg5_DSCF3490_convert_20141223185958.jpg
          偶然写したその時の影。なんかスコップがザクっぽい。ぐぽーん

徒歩にて「高丸千年の森」到着
6_DSCF3487_convert_20141223190038.jpg
今日は1台停まってます。後続の徒歩者もあります。

なので、高丸独り占めってわけにはいきません。
7_DSCF3488_convert_20141223190113.jpg

ひっそりとした水場
8_DSCF3493_convert_20141223190131.jpg
いや、やっぱりこんな記事に見覚えがある!デジャヴか?

ここまではこんな感じ
9_DSCF3494_convert_20141223190148.jpg

ではここでアイゼンを装着します。ワカン?ワカンてなに?
10_DSCF3495_convert_20141223190205.jpg

積雪の登山道
12_DSCF3506_convert_20141223190229.jpg

山頂到着
13_DSCF3507_convert_20141223190404.jpg

半袖でこの雪の中をウロウロしているわけではありません。
今日は天気も良くて暖かく汗をかいたので乾かしているだけです。
14_DSCF3512_convert_20141223190436.jpg
ほんと、風がないので寒くはないです。

剣山方向
15_DSCF3514_convert_20141223190453.jpg

まずは飯にしましょう。
16_DSCF3520_convert_20141223190507.jpg
風よけの穴を掘って湯を沸かします。今日は初心にかえってカップヌードルで。

では、本日のツェルト実証実験
17_DSCF3522_convert_20141223190524.jpg
テント用のフットプリントを敷いて、ツェルトの床部分は広げて雪を乗っけてます。
このほうが風にも強そうな気もする。

それと、もっといいスコップが欲しい。
あっ、そうだ!クリスマスにサンタさんがくれるかも?

”サンタさんへ、いい子にしてますから「スコップ」ください。”

中に入ってみると
18_DSCF3526_convert_20141223190555.jpg
しか~し!この狭さはなんともならん!!幅、高さともに90cmですから、もう一回り大きくないと厳しい。
それに相変わらず結露もすごい。大結露洪水警報発令です。
やっぱり、オラは軟弱なテンターかな。orz

さっ、しっぽ巻いてかーえろ。水場のところまで戻ってきました。
19_DSCF3532_convert_20141223190734.jpg
楽しい雪の原生林歩きもここでおしまい

で、どうするよ?これ・・・
20_DSCF3530_convert_20141223191127.jpg
誠に遺憾ながら、ナンガのナノテックスツェルトは非常時専用ってことで、ザックの肥やしに決定
やっぱり積極的にツェルト泊するには

ファイントラックのツェルトが最強ですかね。なので、今週も合掌。

【今週のオマケ】

上勝町の「たけいち笑店」
21_DSCF3533_convert_20141223202321.jpg
以前は普通に「たけいち商店」だったと思う。
この店のモットーは「パンツからドンペリまで何でもあります。」です。
パンツはわかるけど、ドンペリって。それでは、

「こんちは~、ファイントラックのツェルトありますか?」


cetegory : 山道具  ✤  comments(2)  ✤ 
2014年12月23日(火)   by 芋次郎
 ✤ たまには豪華な昼飯
Posted on 18.2014
今日は仕事の関係で積雪の神山町に行ってました。
1_DSCF3447_convert_20141218200049.jpg
ここは、R438号線の神山町上分で道の極端に狭いところあるでしょ?そこのバイパス工事の現場だ。

昼飯行こ、昼飯!

で、やってきました。神山スキーランドホテル
2_DSCF3469_convert_20141218200645.jpg
どうです?いい感じでしょ?知らずに来れば、潰れて営業してねーな、で「回れ右」でしょうね。
何なら気になる女子と一緒に来てみてください。

「人気のない廃墟に連れてこられた」って思われること間違いなし!

スキーランドホテルなので、人工芝張りの人工スキー場がありました。(過去形)
あの、コケたら摩擦熱でやけどして悲鳴をあげる恐怖の人工スキー場があったのですが、今ではジャングル状態。名前だけ残ってスキーランドホテルです。

入口はこちら
3_DSCF3470_convert_20141218200228_convert_20141218204951.jpg
自動ドア故障中!つーか、故障中にビックリマークつけるなよ、自慢するところじゃねーよっ!!
手動で開けます。あっ、閉まる時は自動です。

客が少ないので、3人のために小宴会場に案内されて、窓の外はこんな感じ。
4_DSCF3472_convert_20141218200337_convert_20141218205012.jpg
ここは釣堀でシーズン中はニジマスが放流されていますので、子連れには面白いかも。

で、本日のお昼ご飯のメニューは

【お品書き】
天女魚(アメゴ)の姿ずし、ニジマスの握りずし、ニジマスの筋子の軍艦巻き
ニジマスの塩焼き、自家製ゆず味噌 などなど

どうよ!この料理!!
5_DSCF3473_convert_20141218200504.jpg
「ウマいんだ。」 じゃ、なくて「うん、美味であるな」です。

これが、この店が潰れずに営業を続けられる理由なんです。

なのでボロクソに言ってるようですが、実は結構お気に入りのお店だったりします。

不定期休ですので、行かれる場合は事前に電話で確認してくださいね。

ではでは、

cetegory : 山食・奇食  ✤  comments(0)  ✤ 
2014年12月18日(木)   by 芋次郎
 ✤ 困った時の高丸山
Posted on 13.2014
先日からちょっと風邪気味で体調が悪い。あまり無茶苦茶寒いところに行って風邪をこじらせるわけにもいかん。
それに時間的にも中途半端。こんなときは最寄りの雪山、「高丸山」でしょう。

高丸林道です。
1_DSCF3407_convert_20141213184207.jpg
チェーンも持ってますけど面倒くさい。
2WD・Non TURBOのスタッドレスではここまでか・・・

先行者のタイヤ跡はスタッドレスです。下りは大丈夫か?
2_DSCF3409_convert_20141213184241.jpg
まあ、金持ちは滑ってぶつけても、また買えばいいのだ!

山頂は雪雲の中ですな~
3_DSCF3410_convert_20141213184321.jpg

徒歩にて「高丸千年の森」到着
4_DSCF3412_convert_20141213184356.jpg
さっきすれ違ったのが最後の車のようでした。

では、今日も高丸独り占めといきましょう!
5_DSCF3413_convert_20141213184424.jpg

ひっそりとした水場
6_DSCF3415_convert_20141213184453.jpg

高丸山荘
7_DSCF3419_convert_20141213184525.jpg

では今日も、ここからワカンの性能試験を行います。
8_DSCF3421_convert_20141213184556.jpg
前回、スパ林の新雪緩勾配で好成績を残しましたが、登山道ではどうでしょうか?

旗立分岐
9_DSCF3422_convert_20141213184911.jpg

山頂付近の積雪は50cm程度です。
10_DSCF3428_convert_20141213184955.jpg
ワカンも足首の自由度が制限されるのでやっぱりしんどいです。

とりあえず山頂
11_DSCF3433_convert_20141213185046.jpg
寒い。やっぱり体調が悪い。いや、ほんとは風邪をこじらせてもいいのですよ。どうせ明日は選挙の投票事務が当たってますので、どこにも行けませんしね。ゴホッゴホッいいながら投票用紙を渡すだけですから。

眺望もないし、反対側から下山します。
12_DSCF3442_convert_20141213185120.jpg

水場のところまで下ってきました。
13_DSCF3444_convert_20141213185150.jpg
楽しい雪の原生林歩きもここでおしまい。

で、どうするよ?これ・・・
14_DSCF3435_convert_20141213185220.jpg

誠に遺憾ながらワカンは林道のアプローチ専用ってことで、予備役に編入
やっぱり雪山は

アイゼン、ツボ足が最強 でした。合掌。






cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(0)  ✤ 
2014年12月13日(土)   by 芋次郎
 ✤ ドカ雪が降りましたね
Posted on 08.2014
今年の天気はどうなってんだ?
ぜーんぜん降らなかったのに、降ったと思えば「豪雪で集落孤立、自衛隊出動」だってよ。

それはさておき、那賀町の「高の瀬峡」駐車場。ここから丸石登山口に向かいます。丸石違います。本日の目標は丸石の「登山口」です。雪山慣らしってことで。
1_DSCF3347.jpg
たまにいるんだ。物好きが・・・

先行者があります。あのテントさんの足跡です。
3_DSCF3354.jpg

先の方に雪の稜線が見えてきました。かなりの積雪みたいです。
2_DSCF3353.jpg

夏場は苦行の林道歩きですけど、この季節はなかなかいいです。
4_DSCF3359.jpg

雪の厚化粧、次郎ギュウ
5_DSCF3366.jpg

クマに注意!!鹿でした。
6_DSCF3367.jpg

路面の積雪もだんだん深くなってきた。
7_DSCF3380.jpg

足跡
8_DSCF3381.jpg

いや~、雪がまぶしい
9_DSCF3382.jpg

やっぱり次郎さんは貫禄がありますね。
10_DSCF3385.jpg

雪が深く歩き辛くなってきたので、新兵器登場といきましょう。
11_DSCF3388.jpg12_DSCF3390.jpg
                            ワカンだ。ワ・カ・ン!

装着完了
13_DSCF3391.jpg14_DSCF3393.jpg
                            意外と浮力もあって歩きやすい

登山口到着
15_DSCF3394.jpg
「さ、帰~えろ」

夕暮れの石立山
16_DSCF3403.jpg

捨身ヶ嶽をアップでどうぞ
17_DSCF3405.jpg

cetegory : 山道具  ✤  comments(0)  ✤ 
2014年12月08日(月)   by 芋次郎
 ✤ なかなか雪が降りませんね
Posted on 01.2014
突然ですが、キャンピングカーの反対語ってなーんだ?

答え:ツェルトかな?

先日、二人目のブロとも相互リンクと相成りましたこと、ご報告申し上げます。
「森人(もりんちゅう)」さん、すげーキャンピングカーで全国津々浦々旅をされています。
「かじくら」さん、ツェルト1枚で3000m級を縦横無尽。

お二人とも人生を謳歌するという点では一致ですが、方向は全くの真逆だと思いません?
いずれにしても自分のスタイルを貫く漢(おとこ)なブログですので、皆様アクセスしてみてください。

では、ここから本題
雪化粧くらいしてるかな?でやってきました。西条市の石鎚ロープウェイ前
1_DSCF3269.jpg
ここに車を停めて

橋を渡れば瓶ヶ森、階段を登れば石鎚山
大宮橋3_DSCF3271.jpg
さーて、どちらに行こうかな?十円玉の表裏で占って、神の思召しは石鎚でした。

ここも十円玉で、土小屋方面直進に決定
4_DSCF3272.jpg

なんのこっちゃ?なんで替え歌なの?しかも大声で?
5_DSCF3275.jpg
街ではやらないほうがいいと思うよ。

途中は省略して、土小屋到着です。
7_DSCF3285.jpg
国民宿舎は冬季休業中

う~ん、瓶ヶ森がよかったかも
瓶ケ森

いや、やっぱりこちらもいいよ~
9_DSCF3295.jpg

三の鎖のところだったかな?バイオトイレが完成しています。
10_DSCF3301.jpg三の鎖
鎖の元小屋も近々完成か?

弥山到着
12_DSCF3306.jpg
山頂小屋も冬季休業中。冬季の避難部屋を開けてくれています。

時間的にまだ早いので。ちょっと「二の森」まで寄り道しますね。
二の森

弥山から少し下って面河分岐です。
面河分岐

山頂小屋自体、かなりヤバい場所に建てられてます。
弥山

二の森到着
二の森
の~んびりおにぎりを食ってると・・・

突然ガスってきた!
二の森
雪も降り出しそう。慌てて引き上げることにします。

夜明峠ですが、祠の幟のバタバタ具合、分かります?
夜明峠
凄い風と雨です。11月末だというのに雨です。

道なりに進むとロープウェイです!
21_DSCF3344.jpg
でも、財布は車に置いてきましたので、手持ちの現金は10円。徒歩下山に決定。
最後まで10円玉で進路が決まってしまいました。トホホ・・・

そして下山時はやっぱりコレですね。下山時CCレモン普及協会さん。
22_DSCF3346.jpg
最近はCレモ・ゴールドってのもあるんだ。

cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(0)  ✤ 
2014年12月01日(月)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤