Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)   by 芋次郎
 ✤ 今日は、ほどほどで
Posted on 24.2014
次郎ギュウの隣にあるのに、なぜかマイナーな不入山(いらずやま)にいってきました。

不入山から槍戸山縦走 <==コースタイムなどなど

こちらが登山口。林道槍戸線の終点近くにあるヘアピンカーブのところが登山口です。
DSCF3148.jpg


しばらくは杉の植林地を登りますが、崩壊してて滑落しそうになりながらも、なんとか尾根に取り付く。と、作業道が開設されているではありませんか!次からこれを利用するとするか。
DSCF3151.jpg

ここからは、杉植林の縁に沿って登ります。ところで、このルートは全く一般的ではありません。
だって、適当に登っただけなんだも~ん。3年ほど前のことですけどね。赤テープはその時のものってわけ。意外と劣化してません。それはそれで、考えものですね。

ここが不入山頂上で、左に見えるのが次郎ギュウです。
3_DSCF3161.jpg
ここから見る次郎ギュウもなかなかカッチョいいです。
では、ここから食害尾根を次郎さんに向かって進みます。せっかく天気もいいのでね。

奥槍戸「山の家」に到着です。駐車場あります。避難室もあります。積雪期も安心です。
5_yamanoie.jpg
標識によると、次郎ギュウまで約2kmです。

大ヘソ曲がりの木です。
6_DSCF3183.jpg
あ、登山道はこんな感じね。

次郎ギュウ山頂までもう少し。
7_DSCF3187.jpg

剣山にのびる稜線
8_DSCF3195.jpg

山頂は大勢の人がいました。
10_jirougyu.jpg
剣山頂もいつも通り賑わってます。

ついでに剣山まで足をのばしました。
11_turugi.jpg
剣山頂と                   東テラスから一の森へ続く稜線

ついでに一の森まで足をのばしました。一の森の三角点です。
13_DSCF3209.jpg
槍戸山経由でスーパー林道に下りることにします。

少し下って一の森
14_DSCF3213.jpg

槍戸山頂上
15_DSCF3229.jpg

剣山&白骨樹
16_DSCF3232.jpg

危険個所があります。
17_DSCF3238.jpg
お助けロープがなければ、通過する人はまずいないでしょうね。

斜陽の次郎ギュウもなかなかいけてます。
18_DSCF3242.jpg

スーパー林道到着。ここから車まで4kmくらいです。楽勝です。
DSCF3246.jpg

剣山のほら貝の滝登山口は通行止めになってます。
DSCF3247.jpg
なので今日は遠回りで正解でした。

本日の標語 「結果オーライ」
ってことで。
スポンサーサイト
cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(0)  ✤ 
2014年11月24日(月)   by 芋次郎
 ✤ 忘年会の用意はよろしいですか?
Posted on 20.2014
早いもので、今年も忘年会シーズンですね。暴飲暴食に備えて余分な予備燃料を消化しておきましょう。

【コースタイムなどなど】
京柱峠から天狗塚 <==これをクリック

徳島道井川池田I.Cを出る頃はまだ夜明け前
1_DSCF2976_convert_20141120132239.jpg2_DSCF2980_convert_20141120132256.jpg
でた!祖谷街道にカモシカ出現。
天然記念物で保護されているのをいいことに有害獣の分際で態度はデカイ。

京柱峠到着。
4-7kyoubasira.jpg
水場あります。メシ屋もあります。こんなところで商売って・・・

では、ここから天狗塚を目指してしゅっぱーつ!
3_DSCF2981_convert_20141120132328.jpg

登山口の標識あります。その横を通れそうです。
8_DSCF2982_convert_20141120134230.jpg9_DSCF2990_convert_20141120134247.jpg
ブッブーッ!登山口は林道を100mほど進んだところにあります。

早速、霧氷がお出迎え
10_DSCF2996_convert_20141120134349.jpg
11_DSCF2999_convert_20141120134404.jpg

小桧曾山頂の標識
12_DSCF3003_convert_20141120134420.jpg
でもここはニセ小桧曾山です。小桧曾のパチモンだ。
本家にも寄りたいところだが、日が短い季節なので今日はパス、先を急ぎます。

矢筈に向かう笹原
14_DSCF3009_convert_20141120134458.jpg
広くてなだらかで快適な稜線。

矢筈山到着
15_DSCF3013_convert_20141120134520.jpg
それにしても矢筈山って多いね。祖谷山系の矢筈と区別するため、こちらは土佐矢筈と呼ばれています。

正面のトンガリが今日の目的地「天狗塚」
17_DSCF3018_convert_20141120134949.jpg
ここから、矢筈峠までくだります。位置エネルギーを開放します。

矢筈峠
18-21yahazu_pass.jpg
立派な駐車場あります。水場もあります。綱附森の登山口はこの駐車場の先200m位のところです。

振り返って、写真左の鞍部がスタート地点の京柱峠です。
22_DSCF3025.jpg

綱附森まで、広くて快適な笹原がつづく
23_DSCF3033.jpg
綱附森山頂までもう少し
24_DSCF3042.jpg

綱附森
25_DSCF3046.jpg

地蔵の頭に向かう稜線。穏やかな稜線に見えるでしょ?
26_DSCF3055.jpg
見えるだけ~。このルート最大の難所ですよ。

剣山は雪の中。
28_DSCF3065.jpg

地蔵の頭から天狗塚
29_DSCF3073.jpg
遠い、遠いと思ってたけど、すぐそこまで来ました。

天狗塚到着。今年の天狗納めかな?
30_DSCF3086.jpg

そして、牛の背
31_DSCF3094.jpg
いつもならワクワクの笹原なんですけどね、今日はもうおなか一杯・・・

牛の背の三角点。ルートは天狗を背にして、ここを左です。
32_DSCF3098.jpg

牛の背を下る。
33_DSCF3109.jpg
このあと樹林帯に突入します。

亀尻峠
ここから西方向に下ります。地図には破線があるけど、現地に道はない。つまり赤道と同じだ。
34-35kamejiri_pass.jpg
道なき道を進むときは、地図コンで確認してても不安なものです。不法投棄でも人工物が見えるとホッとしますね。

標高600m付近
36_DSCF3115.jpg
疲れてもう紅葉なんかどうでもいいけど、渾身の力を振り絞って写しました。

439号線に取付いた。
37-38yosakuroot.jpg
そこに現れた無慈悲な標識。あと14km、しかもずっと登り。がんばってね~!もう他人事。

途中、薄情な軽トラに何台も追い抜かれ・・・
39_DSCF3136.jpg
ハイ、お約束の日没でした。

cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(6)  ✤ 
2014年11月20日(木)   by 芋次郎
 ✤ 星や夜景など
Posted on 04.2014

最近「ヤマレコ」も始めました。

【ルートマップ・コースタイム】<==こちらをクリック

「星でも眺めながら一杯やるか」で、やってきました。コリトリ橋。
1_DSCF2774_convert_20141104175958.jpg
今日はここを出発し、次郎ギュウでテン泊の予定です。

11月16日に光石から三嶺の登山道、フスベヨリ谷付近で「鉄砲によるシカの駆除をするから立ち入らないでください」と。
2_DSCF2804_convert_20141104180022.jpg
ついでに山でポイ捨てをする「ウマシカ」も駆除じゃ~!

一の森到着。今日も快晴!
2_DSCF2819_convert_20141104180957.jpg

剣山山頂
3_DSCF2828_convert_20141104180052.jpg

本日の寝床となる次郎ギュウに向かいます。
4_DSCF2831_convert_20141104180108.jpg

次郎巻道の水場
5_DSCF2833_convert_20141104180128.jpg
ここで、がぶ飲み+宿泊用の水を補給します。次郎ギュウは水場が近いのがいいです。

宿泊地到着
6_DSCF2835_convert_20141104180144.jpg

今日は珍しく日没前に寝床が完成しました。
7_DSCF2838_convert_20141104180205.jpg

コンビニで珍しいビール見つけた
8_DSCF2843_convert_20141104180224.jpg9_DSCF2846_convert_20141104180242.jpg
軽井沢町で作られている、「僕ビール、君ビール」っての。バーボンのポケットボトルの中身はキリンの富士山麓ってアルコール50%のウイスキーで今夜も美酒に酔いしれるのです。
※靴にペットボトルを突っ込んでいるのはテン泊の知恵で、転倒防止と凍結防止のためです。

満月ではないものの、そこそこの月夜ですね。
10_DSCF2849_convert_20141104180300.jpg

モノには限度というものがある
11_DSCF2853_convert_20141104180318.jpg
感度上げすぎ。昼やん!!

グゾ~~、こっちも失敗作。
12_DSCF2868_convert_20141104180338.jpg
次からはディスプレイで確認することにします。

これはまだマシな方か?中央付近で大きいのが「シリウス」です。
シリウス
ナウシカさんが「ミト、シリウスに向かって飛べ!」と指示した、あのシリウスです。分からない人はミト失格です。

翌朝、ご来光は・・・
13_DSCF2893_convert_20141104180357.jpg
なんで、そっちにだけ雲があるんよ!!

朝日に照らされる三嶺
14_DSCF2900_convert_20141104180417.jpg
こう遠くまで見渡せると、地「球」なんだなってことがよくわかります。

石鎚の雄姿もバッチリ
15_DSCF2903_convert_20141104180437.jpg

帰り道から宿泊地を振り返る
16_DSCF2913_convert_20141104180500.jpg
その後、静岡から来たという「山が有る」とすれ違いに少し話して体力が回復しました。

剣山頂まで帰ってきました。足元に東横インのビニール袋。夜は風が強かったので今朝のものでしょうね。
16_DSCF2924_convert_20141104180518.jpg17_DSCF2932_convert_20141104180558.jpg
もしかして、先ほどの「山が有る」が落としたのか?回収して処分しておきました。
もし、すれ違ったのがオッサンだったら・・・駆除して処分じゃ!

一の森の笹原
17_DSCF2939_convert_20141104180615.jpg

こちらは一の森のテン場です。
18_DSCF2941_convert_20141104180631.jpg
3張くらいかな?でも、笹に囲まれているので風には強そうです。


cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年11月04日(火)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。