Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)   by 芋次郎
 ✤ 今日は日帰り
Posted on 27.2014
たまには日帰りもいいかも。かる~く行ってきました、砥石権現。昔、砥石に適した石が産出されたことが由来です。略して”トイゴン”

【ルートマップ】
toigon_convert_20140929145215.jpg

【コースタイム】
雲早TNL登山口9:35 - 尾根取り付き9:45 - 鹿舞ダキ山11:00 - 砥石権現11:15 - 
西砥石権現13:15 (ちょっと寄り道) 14:20 - ファガスの森14:45

こんな道です。雲南省違います。日本国内です。

これが国道と聞くと2度ビックリですね!国道193号線。

トンネル?洞窟?車で通行できます。
1_DSCF229_convert_20140927203208.jpg

(左)雲早(くもそう)トンネル木沢側。
1_DSCF2203_convert_20140927203243.jpg2_DSCF2204_convert_20140927203311.jpg
(右)そのすぐ脇に登り口があります。

ほどなくして尾根に出ます。砥石権現に続く尾根なので今後は”トイゴン尾根”と呼ぶことにします。
3_DSCF2207_convert_20140927203341.jpg
右から2番目のピークがトイゴンです。

ここからは高城のレーダードームも近くに見えます。
4_DSCF2212_convert_20140927203433.jpg

鹿舞(かま)ダキ山。ここまでのルートは国土地理院の地図にはありませんが、なぜか迷うことはありません。
5_DSCF2242_convert_20140927203500.jpg

それは森の妖精に見守らているからです。
20_DSCF2243_convert_20140927213719.jpg

トイゴン陥落。ベトナムみたい・・・
6_DSCF2248_convert_20140927203534.jpg
わざわざ略した理由がバレました?

標識の根元に
7_DSCF2249_convert_20140927203617.jpg
この手作り感がいいです。

ここらで昼飯。本日はコンビニのおにぎり&Red Devilです。
8_DSCF2251_convert_20140927203658.jpg
すこびる辛麺の方がずっと辛いです。やさしいDevilさんでした。

あの崩れの上あたりに無給電型中継局(電波の反射板)ができる予定です。
9_DSCF2259_convert_20140927203732.jpg
実は本日のミッションは、そこまでのルート確認なのですよ。自分の仕事とは直接関係はないですけどね。

無事ミッションもこなしてファガスの森まで下山してきました。ここからはオフロードバイク野郎の聖地「剣山スーパー林道」を歩いて車のところまでもどります。
10_DSCF2280_convert_20140927203817.jpg
客が食ってるカレーのにおいがここまで届きます。拷問です。

では、本日のキノコ。しばらくお花に”うつつ”を抜かしていたので、今回はキノコ。

【ドクベニタケ】               【ツエタケ】
11_DSCF2217_convert_20140927203853.jpg12_DSCF2219_convert_20140927203931.jpg
毒とついてますがほんとに毒キノコかどうかは不明です。ツエタケはおいしいですよ。

【カバイロツルタケ】            【ハナイグチ】
14_DSCF2241_convert_20140927204027.jpg16_DSCF2268_convert_20140927204107.jpg
「食える」と言われてもテング茸科のキノコはタマゴ茸以外はちょっとね・・・。ハナイグチはこの時期の定番ですね。

おっと、これは!!【魔痛毛】
15_DSCF2254_convert_20140927204142.jpg
危険ですので、除去して適切に処分しときますね。いや~これほどの上物は珍しい。
では、ランバラル風にどうぞ。「栽培ものとは違うのだよ!栽培ものとは!」

【アンズタケ】               【ツキヨタケ】
17_DSCF2274_convert_20140927204220.jpg18_DSCF2278_convert_20140927204253.jpg
アンズタケはフランスではジロールと呼ばれるポピュラーなキノコです。ツキヨタケは夜発光します。だから月夜茸。でもこれは毒キノコ。先日もどこかの産直市の商品に紛れ込んでたらしいね。こんなにわかりやすいのを、どうして見間違えるかの~?

本日のオマケ。シカ飛び出し注意!!
19_DSCF2282_convert_20140927204321.jpg
ところ変われば品変わる。


スポンサーサイト
cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月27日(土)   by 芋次郎
 ✤ 旧寒風山トンネルから瓶ヶ森
Posted on 22.2014
9月21日~22日で旧寒風山トンネルから瓶ヶ森を一泊二日で行ってきました。
いつもは早起きして、日帰りのコースなんですけどね、降水確率10%だったので、急遽出撃することにしたのですよ。

【ルートマップ】
kamegamori_convert_20140924134814.jpg
瓶ケ森山頂が愛媛県内であるため、カテゴリとしては「愛媛県の山」に分類しております。が、が、がっ、
今回のルートの99%は高知県側にあり、駐車場、林道および登山道の維持補修は高知県側が実施していますこと、申し添えておきます。(配慮の男、芋次郎)

【コースタイム】
旧寒風山TNL駐車場13:00 - 桑瀬峠13:50 - 伊予富士15:20 - 東黒森16:10 -
林道取り付き16:30 - 瓶ヶ森登山口17:40 - 瓶ヶ森山頂18:20(泊)

瓶ヶ森山頂7:00 -伊予富士登山口8:50 - 3号隧道9:35 - 駐車場11:00

寒風山トンネル登山口

勤務の関係で出発が遅くなり登山口出発は午後1時です。暗くなるまでに6時間ほどあるので瓶ヶ森までは行けるでしょう。

桑瀬峠から寒風山方向
2_DSCF2083_convert_20140922190151.jpg
急にガスってきた。今にも降り出しそう。

今更引き返せん。伊予富士に向かいます。
3_DSCF2088_convert_20140922190405.jpg

伊予富士
4_DSCF2099_convert_20140922190538.jpg
今日の主な食料は、たまりにたまった賞味期限切れの皆さんです。ところで、標識の「移動可」ってどういうこと?

緊急告知
5_DSCF2102_convert_20140922190615.jpg
伊予富士から東黒森手前の岩にタオルを置き忘れた方がいらっしゃいます。風で飛ばされないよう石を置いときましたので、お心当たりの方は至急回収に向かってください。

東黒森
6_DSCF2108_convert_20140922190649.jpg
標識の上にサングラスを置き忘れた方がいらっしゃいます。風で飛ばされないようにしておりますので、お心当たりの方は至急回収に向かってください。

ここで一度林道に下ります。
7_DSCF2120_convert_20140922191000.jpg
向こうに見えるのが自念子の頭(じねんごのかしら)

ちょっと時間的に遅いので、ここからは林道で瓶ヶ森登山口を目指します。ここはホームグラウンドでもありませんしね。
とか言いながらほんとは登りがイヤになってきたのですよ!テン泊装備重い。
8_DSCF2125_convert_20140922190837.jpg9_DSCF2160_convert_20140922190921.jpg
そして、瓶ヶ森登山口。ここは吉野川の源流の地でもあります。

やっぱりこの時間。瓶ヶ森到着
10_DSCF2162_convert_20140922191117.jpg11_DSCF2163_convert_20140922191154.jpg
テント設営完了は暗闇寸前でした。

まずは晩飯にしましょう。
12_DSCF2167_convert_20140922191247.jpg
賞味期限切れでない、焼鮭おにぎりと天そばです。今日は和風ってことで・・・

霧の切れ目を狙って渾身の1枚!?
13_DSCF2173_convert_20140922191333.jpg
今治市から「しまなみ海道」の夜景。でも、ここ(瓶ヶ森)いいよ。次は天気のいい日に再挑戦ですな。

ついに雨が降り始めたので、一人宴会にします。前回のドライソーセージとバーボンがことのほかよかったので、同じ組み合わせにしました。
14_DSCF2175_convert_20140922191404.jpg15_DSCF2176_convert_20140922191525.jpg
こんな感じでくつろぎながら、ぼちぼち寝るとしますか。「あーした天気になーあーれ」

【本日の花】
??ケマンみたいだが・・・ケマンの花期は春だし・・・なんでしょ??
16_DSCF2071_convert_20140922191602.jpg
アキチョウジでした。(9月24日追記)

フデリンドウ?なんかちょっと違うような・・・
17_DSCF2074_convert_20140922191646.jpg
アサマリンドウです。(9月24日追記)
以上、アキチョウジとアサマリンドウは訪問くださった方がコメントで教えてくれました。ありがとうございました。

これは「ツリフネソウ」ですね。
18_DSCF2155_convert_20140922191729.jpg
このくらいは分かります。

翌朝。はい、大雨でした。予定をすべて変更し、林道を歩いて帰ることにします。
19_DSCF2186_convert_20140922191812.jpg
カメラはザックの奥に封印しましたので、ここからは写真なし。

と、思ったら途中で雨がやみました。
20_DSCF2187_convert_20140922191849.jpg

3号隧道
21_DSCF2194_convert_20140922191953.jpg
この林道にはこんなトンネルが8か所ありますが、これが一番長いです。

このトンネルを抜けると・・・
22_DSCF2201_convert_20140922192046.jpg
「油ばば」とか「顔なし」いるかも?いねーよ!

駐車場到着です。
23_DSCF2202_convert_20140922192128.jpg
昨日の出発から22時間のうち実行動時間は9時間20分でした。荷物が軽ければ十分日帰り圏内です。でも、また泊りで来ます。晴れた日に


cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(5)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月22日(月)   by 芋次郎
 ✤ テントとツェルトの違い
Posted on 15.2014
ぬお~!寝過ごした!!
1_DSCF1989_convert_20140915124205.jpg
飛び起きてテントのベンチレーターから見えるは快晴の空
これが「結露ポタポタツェルト」と「テント」の違いです。わかりやすいでしょ。

ふてくされて朝飯
2_DSCF1990_convert_20140915124227.jpg
つぶれ食パンのコンポタ煮込み。フレンチな朝飯・・・ブレックファーストでございます。

あ~もったいない。絶好のご来光写真日和だったのに!
3_DSCF1998_convert_20140915124303.jpg

お隣さんはどうしてますかな?50倍ズームオン!

三嶺山頂池付近のお隣さん          白髪小屋近くのテン場
4_DSCF1991_convert_20140915124318.jpg5_DSCF2008_convert_20140915124334.jpg
皆さん出発準備に忙しそうですね。

こちらはお亀岩ヒュッテの様子        今日は石鎚もよく見えます
6_DSCF2027_convert_20140915124357.jpg7_DSCF2010_convert_20140915124433.jpg

ご来光を撮り損ねたのでお月さんでも。
8_DSCF1995_2_convert_20140916082620.jpg
昼の月もなかなかいけてます。

では、撤収完了。
10_DSCF2004_convert_20140915124523.jpg
今日は用事があって夕方までに帰ってなければいけません。

白髪分岐から西熊山方向
11_DSCF2022_convert_20140915124546.jpg

そして、剣山方向
12_DSCF2034_convert_20140915124609.jpg

こちらの朝寝坊さんも撤収完了です。
13_DSCF2032_2_convert_20140916082637.jpg

白髪山までもどってきました。ここからは駐車場まで下るのみ。
14_DSCF2035_convert_20140915124857.jpg

白髪を後にして                 駐車場到着  
16_DSCF2046_convert_20140915125013.jpg17_DSCF2054_convert_20140915125041.jpg

下りてきた山を眺めながら
18_DSCF2059_convert_20140915125108.jpg
疲れた身体にビタミンCを補給しときましょう。

来週は飛び石連休ですね。天気が良ければ月曜日あたりおなかが痛いかも??

cetegory : 高知県の山  ✤  comments(4)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月15日(月)   by 芋次郎
 ✤ なまった体にカツを入れてやる
Posted on 14.2014
なまった体にカツをいれてやる!とか言いながら・・・
天気もよろしいようですので、また星空を眺めながらおいしいお酒でもいただきましょうか。

【ルートマップ】
0913rute.jpg


【コースタイム】
白髪登山口駐車場10:45 - 光石登山口12:05 - お亀岩16:15 - 西熊山17:00 - 三嶺18:15 - カヤハゲ19:00(泊)
カヤハゲ8:30 - 白髪分岐9:30 - 白髪山10:30 - 駐車場11:05

今日の目的地はあの稜線です。


白髪登山口(明日ここに下りてくる予定)    光石登山口
1_DSCF1847_convert_20140914182646.jpg2_DSCF1862_convert_20140914182707.jpg
白髪登山口から光石登山口まで徒歩で移動

光石登山口から一つ目の橋            堂床谷出会いの休憩小屋
4_DSCF1867_convert_20140914182732.jpg5_DSCF1871_convert_20140914182754.jpg

二つ目の橋                      八丁小屋
6_DSCF1872_convert_20140914182821.jpg7_DSCF1874_convert_20140914182839.jpg

ここまでに出会った植物たち(の一部)

【シコクブシ】トリカブトだな。
8_DSCF1858_convert_20140914182859.jpg

【ツチアケビ】ギンリョウソウと同じく寄生性のランで葉緑素はありません。
9_DSCF1870_convert_20140914182919.jpg

【センボンイチメガサ】みそ汁の具にいいです。ぜひ自己責任でお召し上がりください。
10_DSCF1864_convert_20140914182940.jpg

このルート最後の水場。泊用の水を確保します。
13_DSCF1907_convert_20140914183038.jpg14_DSCF1915_convert_20140914183118.jpg
ついでに飲めるだけ飲んでおきます。
飲めるときに飲んでおく、これを「Camel method」(ラクダ法)といいます。ウソです。

ここで遅い昼飯
11_DSCF1910_convert_20140914182959.jpg12_DSCF1912_convert_20140914183017.jpg
 材料(1人前)
  ザックの中でつぶれた食パン     1枚
  フィッシュソーセージ          1本
  マヨネーズ                適量

 ①つぶれた食パンに容赦なくマヨビーム
 ②ソーセージをのっけて折りたためば完成

「うん、美味であるな」 そんなことより先を急がねば・・・

やっと西熊山到着。時間かかりすぎ。やっぱり体がなまっている。
15_DSCF1931_convert_20140914183139.jpg16_DSCF1932_convert_20140914183157.jpg
ではこれから三嶺に向かいます。

日没寸前。三嶺まであと少し。
17_DSCF1956_convert_20140914183221.jpg

三嶺山頂。やっぱり日が暮れてしまいました。
18_DSCF1960_convert_20140914183240.jpg
最近、日没がスタンダードになりつつあります。

カヤハゲ山頂。本日はここで泊まります。
19_DSCF1969_convert_20140914183305.jpg20_DSCF1970_convert_20140914183327.jpg
この時期ここからですと、剣山、次郎ギュウ付近からのご来光が拝めます。絶好のビューポイント!

やっと一息。晩飯は缶詰のタイカレーとつぶれた食パンです。
21_DSCF1977_convert_20140914183349.jpg
つぶれ具合が「ナン」とも・・・失礼しました。

本日の一押し
22_convert_20140914183408.jpg
シャッター解放30秒、F値2.8。三嶺に架かる北斗七星、分かります??

明日も早いので飲みすぎ注意の一人宴会。
23_DSCF1986_convert_20140914183445.jpg
ぬるいビールと久しぶりのバーボンウイスキーで「乾杯!」

cetegory : 高知県の山  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月14日(日)   by 芋次郎
 ✤ スーパームーンの次の日
Posted on 11.2014
おはよーございまーす!
1_DSCF1721_convert_20140911152634.jpg
今日は珍しく早起きできました。と、いうくらいの結露でした。

ご来光
2_DSCF1737_convert_20140911152714.jpg

今日も天気は良さそうだ。
3_DSCF1745_convert_20140911152733.jpg
では、来た道を帰ります。お花の写真を撮りながら。

【イヨフウロ】
イヨフウロ

【フデリンドウ】
フデリンドウ

【イワオトギリ】
イワオトギリ

【ツリガネニンジン】
ソバナ

【ミヤマアキノキリンソウ】
ミヤマアキノキリンソウ

【アキノギンリョウソウ】
アキギンリョウソウ

以上、間違ってたら教えてください。

ちょっと早いけど、お昼にします。
4_DSCF1769_convert_20140911152813.jpg4_DSCF1768_convert_20140911152754.jpg
これも定番の縦走食ですね。チキンラーメン

丸石の鞍部
丸石
笹の緑がなんともいいです。

今回の其の五、昨日スルーした次郎ギュウ
次郎ギュウ

剣山まで帰ってきました。山頂は工事中
8_DSCF1829_convert_20140911152925.jpg
普通はこれで興醒めとなるところですが、今日は平日です。工事してます。

ヘリコプターが何かぶら下げている?
9_DSCF1835_convert_20140911152959.jpg
近づいてきます!
9_DSCF1836_convert_20140911183124.jpg
風圧が~!
10_DSCF1837_convert_20140911153034.jpg
コンクリートのヘリコプター打設、初めて見た
11_DSCF1840_convert_20140911153054.jpg
いや~、なかなかの迫力でした。

そんな工事現場を後にして一の森ヒュッテの冬小屋
一の森

「笹の向こうに秋の雲」
一の森
詩人の才能に目覚めたか?さ、かーえろ。

などなどガッツリの縦走でした!

cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月11日(木)   by 芋次郎
 ✤ スーパームーンなどなど
Posted on 10.2014
9月8日は十五夜、そして翌9日は今年最後のスーパームーンとなります。
天気も良さそう。こんな時はやっぱり魔法の呪文ですね!!
「あー、もしもし。今日おなか痛い。休む。」

【ルートマップ】
コリトリ_convert_20140912134011


【コースタイム】
コリトリ橋10:00 - 一ノ森13:30 - 剣山14:10 - 丸石15:35 - 高の瀬16:50 - 白髪小屋18:25

やってきました、快晴の剣山系に。

久しぶりの出撃にテンション上がりっぱなし。

通行止めと来たか・・・
2_DSCF1587_convert_20140910194621.jpg
でもね、今日はその程度では凹みません。気にしない気にしない

ここに駐車してG.W以来のコリトリ橋
3_DSCF1588_convert_20140910194650.jpg
体もなまってるし、コリトリルートきついぞ。脂肪もたっぷりだし、大丈夫か??
ブツブツいいながらの出発です。

追分から剣山山頂
4_DSCF1608_convert_20140910194723.jpg
まあ、ここまで順調に高度を上げてきてます。

最高の天気、一の森ヒュッテ手前
6_DSCF1615_convert_20140910194753.jpg

今回の其の壱、一の森              其の弐は剣山
7_DSCF1627_convert_20140910194819.jpg8_DSCF1630_convert_20140911043147.jpg

水が底をついたので次郎ギュウは巻道スルーして、途中の水場に向かいます。
10_DSCF1644_convert_20140910194928.jpg11_DSCF1650_convert_20140910195416.jpg
飲めるときにできるだけ飲んでおきます。ラクダみたいに。
次郎ギュウは明日帰りにでも寄りますね。

今回の其の参.丸石(から剣方向)      其の四、高の瀬
13_DSCF1670_convert_20140910195056.jpg15_DSCF1673_convert_20140910195154.jpg

日が傾いてきたので、何気にススキを入れてみた。
16_DSCF1675_convert_20140910195451.jpg
秋はやっぱりススキのある夕景が似合いますね。

日没後少しして白髪小屋に到着
17_DSCF1682_convert_20140910195533.jpg
平日だし貸し切りですよね。
ガラガラ~。うん?先客がいる。女性が一人。避難小屋に女性が一人ですよ!
「空いてますよ、どうぞ」って言われてもね~。そういうわけにもいかんでしょう。
「あっ、ツェルト持ってますので・・・」
それにしても、度胸のあるお姉さんですよ。この不気味な避難小屋に一人で・・・

てなわけで、先日のツェルトの実証実験、やることになりました。めんどくせー
18_DSCF1683_convert_20140910195807.jpg
夕焼けなんか大嫌いだ~!(心の叫び)
おっと、こんなことをやっている場合でない。ツェルト、ツェルト。

夕闇迫る中ツェルト設営完了
19_DSCF1684_convert_20140910195848.jpg
設営自体はとても簡単です。では、お待ちかねのお月見ディナーと行きましょう。

ツェルトの傍らで、いろいろ用意しております。
21_DSCF1695_convert_20140910195947.jpg

まずは晩飯
22_DSCF1697_convert_20140910200028.jpg
食パンの日清焼そばのっけ。関西人ならよだれが止まらない逸品です。マヨネーズ忘れたけど。

そして、本日の主賓であり、夜間照明でもある、スーパームーンです!!
DSCF1691_2_convert_20140912101108.jpg
普段の満月と大して変わらん。

シャッター30秒開放で撮影しました。
23_DSCF1711_convert_20140910200114.jpg

同じく、月明りに照らされる三嶺
24_DSCF1712_convert_20140910200148.jpg

ちょっとへっでんで遊んでみた。
25_DSCF1701_convert_20140910200234.jpg
でも、これ光量とか調整すればメッセージ残せるんでね?今後の課題ですな。

少し寒くなってきました。
26_DSCF1709_convert_20140910200312.jpg
ツェルトに入って夜更けまで一人宴会は続く。

続きは明日。


cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月10日(水)   by 芋次郎
 ✤ 非常装備品をお持ちください
Posted on 05.2014
どうも、芋次郎です。
低山病という重~い病気と闘っています。しかし病状は悪化するばかり。
おかしい頭がもっとおかしくなって、いつの間にかツェルトをゲットしていました。

紹介しましょう!ナンガの「ナノテックスツェルト」です!
ナノテックスツェルト
カッパより軽い本体重量310g。大丈夫かコレ?

薄れゆく意識の中、さっそく張ってみました。
ナノテックスツェルト
メインで使っているステラリッジの半分ほどの時間で完成しました。少々風が吹いてても簡単そうですな。
※相変わらず職場でやってます。ただ今、当直勤務中(電話番)です。

出入り口はこっち側だけ
ナノテックスツェルト
出入りはかなり窮屈です。

内側もどうということはない普通のツェルト
ナノテックスツェルト
そのうち晴れて、山で性能テストができたら結果報告します。
ではでは、



cetegory : 山道具  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月05日(金)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。