Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ 東赤石山タイムアップ
Posted on 27.2014
目標 「富士山御殿場ルート」 弾道ミサイル発射!だったのですが、あまりにも暑すぎ。こう気温が高いと大気の状態が不安定になりやすいので急遽軌道変更しました。先日も首都圏はゲリラ豪雨が降ったみたいですし、もし富士山で雷雨にでも遇ったらそれこそ・・・・

【ルートマップ】
douzangainenzu_convert_20140728142433.jpg


【コースタイム】
駐車場8:35-大永山トンネル9:45-綱繰山11:30-西山12:00-銅山越12:15-
西赤石山13:30-物住頭14:15-前赤石山14:55-八巻山16:00ー赤石山荘16:35
筏津登山口18:10-駐車場19:10

と、いうことで目的地を新富士I.Cから少し変更して愛媛県の新居浜I.Cに向かうことにしました。野良犬は風の吹くまま、気の向くまま。
DSCF1171_convert_20140728144821.jpg

で、着いたのが別子銅山の史跡巡りコースの「日浦登山口」駐車場です。
がっ、鉱山の史跡巡りなどするわけないでしょ!

少し戻って8か月ぶりの大永山トンネル
3_DSCF1180_convert_20140727110722.jpg
ここから赤石山系縦走やります。
登山口はトンネルの左側ね、右側の登山道らしきものはダメですよ。

まずは軽く其の壱、「綱繰山」(つなくりやま)
4_DSCF1185_convert_20140727110744.jpg
でも、これって山頂?ルート上の小ピークみたい。次、行きます。

其の弐、西山山頂
5_DSCF1187_convert_20140727110805.jpg
展望なし。次!

銅山越が見えてきた
6_DSCF1188_convert_20140727110821.jpg

銅山越
7_DSCF1195_convert_20140727110841.jpg
駐車場からここに直登ルートあります。実は面倒臭い病が発病したらここから下山するつもりでしたが、今日は大丈夫そうです。

夏の花が沢山咲いていました。名前は知らん。
8_hanahaotogirihoka.png
8月1日追記
(左上)マツムシソウ  (右上)オトギリソウの仲間か?
(左下)???     (右下)シコクギボウシ 
8月8日追記
(左下)シモツケ

其の参、西赤石山。
12_DSCF1208_convert_20140727111040.jpg
ガスってしまい展望がなくなりましたので、次!

其の四、物住頭
13_DSCF1228_convert_20140727111102.jpg
ものずみのあたま?ものずみのかしら?何て読むのかな?わからないので、次!

このあたりから赤石山系らしくなります。
14_DSCF1240_convert_20140727111426.jpg
この岩場を進みます。写真では凶悪ルートに見えますが、実際はそれほどではありません。

振り返るとこんな感じ。そのときコツーン!
15_DSCF1250_convert_20140727111446.jpg
カメラを岩にぶつけないよう注意しながら歩いていると、自分のスネを岩のトンガリにぶつけてしまって、ここでしばらく悶絶してました。

其の五、なんとか痛みが引いたので、ちょっと寄り道「前赤石山」
17_DSCF1256_convert_20140727111510.jpg
この付近の岩には何とも不思議な模様の苔が生えてます。では、次!

其の六、今回のクライマックス、八巻山
18_DSCF1259_convert_20140727111532.jpg
なかなかの強敵でした。それにしても、この丸みを帯びた岩。大昔は川か海岸だったのでしょうね。では、次!
と、行きたいところですが、「もうおなかいっぱい。ごっつぉうさん!」

午後4時を過ぎました。東赤石はまた別の機会ということで、
19_DSCF1260_convert_20140727111559.jpg
もう目と鼻の先なんですけどね・・・

ちょっと赤石山荘を覘いてから下山します。
21_DSCF1266_convert_20140727111641.jpg
ここは無人の避難小屋ではないのか?

ウスタケとアカヤマタケ
23_DSCF1269_convert_20140727111324.jpg22_DSCF1267_convert_20140727111255.jpg
ウスタケは有毒種ですが、茹でこぼして毒抜きして食べる地域もあります。有毒といっても下痢嘔吐程度ですしね、

筏津登山口到着
24_DSCF1270_convert_20140727111702.jpg
ここからまたトホホの舗装路歩き、しかもずっと登り坂。

スポンサーサイト
cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
2014年07月27日(日)   by 芋次郎
 ✤ たまには山歩き以外のこともやります。
Posted on 20.2014
暑い、暑い、熱い~

今日は地元で我慢大会・・・じゃなくて、トライアスロンの大会があって手伝いに駆り出されていました。手伝いですよ、て・つ・だ・い

役割はバイクコースの立哨、わかりやすく言えば「立ちん坊」ね。
S0170793_convert_20140720141739.jpg
このクソ暑いのに、この人たちって・・・
もちろんこのあとランが待ってますよ。この炎天下を走るのですよ!!
こう暑いと普通の人は富士山に登ったりするでしょ。
それが!なんと!この人たちは灼熱の下界を走るのですよ!!

色白の姉さんも頑張ってます。
S0220830_convert_20140723104102.jpg

この兄ちゃんなんか、余裕こいてるよ~
S0400963_convert_20140720150807.jpg

皆さん、まさに超人

cetegory : 思いつき  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年07月20日(日)   by 芋次郎
 ✤ 出張の帰りに
Posted on 17.2014
今日は仕事の関係で高知市に出張してました。
帰り道、高知空港(竜馬空港)の近くを通ったので写しときました。

田園風景の真ん中に・・・
さて、これは何でしょうか??


少しアップで
2_DSCF0582_convert_20140717180947.jpg
これは一番大きいタイプです。一陸用かな??

他のは大体このサイズ
3_DSCF0587_convert_20140717181009.jpg
この付近にはこんなのがいくつかあります。

ツタでびっしり覆われたもの、
4_DSCF0585_convert_20140717181033.jpg

公園的に保存されているものもあります。
5_DSCF0588_convert_20140717181056.jpg

横から見ると
6_DSCF0594_convert_20140717181122.jpg
実際はこの上に土が盛られ、草でカモフラージュされていたようです。

では正解。

これは「掩体壕」(えんたいごう)と呼ばれる、大東亜戦争末期に本土決戦に備えて
戦闘機を格納してた壕です。丁度手元に九九艦爆のプラモがあったので、
ピンとこない人のために当時に思いを馳せながらコラッてみた。

「空襲!!回せーーーー!!」ってな感じ出てますかな?
7_image_convert_20140717181612.jpg
「この時期に九九はないだろう~?」とかいうマニアなツッコミはご遠慮ください。
そんな都合よく紫電改の模型など持っとりゃせんわい!イメージってことで。

今ではこのすぐそばをボーイング747なんかがのん気に飛んでます。

cetegory : 思いつき  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年07月17日(木)   by 芋次郎
 ✤ 下見ってことで・・・
Posted on 07.2014
なんだかね~、突然雪が懐かしくなってしまって、仕方がないので
誰でもがやりそうなことをやってしまいました。

やっちゃいましたか!

やっちゃいました!


今回はルートマップなしでいきなり

【コースタイム】
御殿場口出発(0:20)-次郎坊(1:30)-標高3,000m地点(5:00)-砂走館(5:25)
銀明水(7:55)-剣ヶ峰(9:30)-下山開始(9:45)-駐車場到着(12:30)

明石海峡大橋を渡って本州上陸
DSCF0313_convert_20140707135918.jpg
久しぶりの本州ですな。でも天気が心配。

天気図より夜半から晴れると信じて仮眠。そして目が覚めて駐車場から見えたのが御殿場市の夜景!!
1_DSCF0321_convert_20140707105202.jpg
日が変わって7月6日(日)0:20 元気よくしゅっぱーつ!!

次郎坊
2_DSCF0328_convert_20140707105242.jpg
真っ暗の中、ヘッデン頼りです。

新6合、スタートから1,150mUPです。
3_DSCF0332_convert_20140707105302.jpg
剣ヶ峰まであと・・・・、計算するのは止めときますね、気が滅入るので。

3時半を過ぎて東の空が白み始めました。
4_DSCF0363_convert_20140707105321.jpg
シャッター時間を長めにしてますのでホントはもっと暗いです。

キターーーッ!!
6_DSCF0370_convert_20140707105401.jpg
手元の時計で4時27分

アップにしてみましょう
7_DSCF0371_convert_20140707105430.jpg
山での日の出ってどうしてこうも神々しいのかね~?

山頂方向
8DSCF0393_convert_20140707105451.jpg
月面でも火星でも着陸やらせ写真OKですよ。誰かNASAに教えてあげて。

「芋次郎、見参!」なんちて・・・
DSCF0392_convert_20140719093011.jpg


伊豆半島
10_DSCF0408_convert_20140707105530.jpg
今日は駿河湾も穏やかそうです。

地上絵発見!!
11_DSCF0398_convert_20140707105548.jpg

3,000m地点
12_DSCF0405_convert_20140707105609.jpg
高度障害に関しては今のところ別に何ともないです。呼吸、心拍数ともに異常なし。進むべし。

砂走館
13_DSCF0410_convert_20140707105629.jpg

山頂までもう少し
14_DSCF0435_convert_20140707105710.jpg
写真中央から右の部分が山頂(噴火口)の外周です。ここで朗報が飛び込む!
下ってきた人が「この先残雪が大変ですよ」
「キターーーッ!残雪が、大変なんですか!」って、そこ、喜ぶところと違いますから!

やっぱり青と白のコントラストがいいです。
15_DSCF0446_convert_20140707105733.jpg

こうして見ると、残雪の規模がわかるでしょ。
16_DSCF0454_convert_20140707105846.jpg

ついに銀明水到着!
17_DSCF0459_convert_20140707105905.jpg
でも空気が薄いと、こんなにもしんどいのかね。

星条旗が立てられてる・・・
18_DSCF0464_convert_20140707105935.jpg
アメリカ人のトレラン姉ちゃんのです。シャッターを押してあげて日米親善を図っておきました。

御鉢巡りもやっときますか
19_DSCF0471_convert_20140707110121.jpg
噴火口に向かって左が剣ヶ峰ですので、

反対方向に行きます。
20_DSCF0474_convert_20140707110141.jpg
ここで高山病テストとして飛んだり跳ねたり走ったりしました。個人差が大きい
らしいですが、幸い高山病には強い体質のようです。

吉田ルートの八合、九合小屋
21_DSCF0485_convert_20140707110201.jpg
このルートは山頂まで整備されてます。「過ぎたるはなんとか」だと思います。

吉田ルートの山頂
22_DSCF0488_convert_20140707110224.jpg
さすがにこちらは賑ってますね。

南アルプス方向
23_DSCF0497_convert_20140707110245.jpg

剣ヶ峰までの最後の残雪
24_DSCF0499_convert_20140707110306.jpg

剣ヶ峰到着
25_DSCF0502_convert_20140707110325.jpg

剣ヶ峰からの噴火口
26_DSCF0507_convert_20140707110346.jpg

時間的に遅くなったので急いで下山します。
27_DSCF0523_convert_20140707110405.jpg

登ってきた道なんですけど、
28_DSCF0547_convert_20140707110440.jpg
登るときは暗かったので分からなかったけど、昼間だったら心が折れてたかも・・・・。

あれ?ブル道を下っている人がいる?
29_DSCF0548_convert_20140707110502.jpg

雲下におりて駐車場まであと少し。
30_DSCF0552_convert_20140707110520.jpg
その後は・・・わっぱ転がして帰りましたよ。
【注意】運転と人生に疲れたら早めの休憩ですよ!

cetegory : 富士山  ✤  comments(4)  ✤  trackbacks(0)
2014年07月07日(月)   by 芋次郎
 ✤ 学襲のモンスター
Posted on 04.2014
モンスターちゃ~ん、お魚ですよ~。
DSCF0002AVI_000002538.jpg

うぉー!いきなりそう来るか!?
DSCF0002AVI_000004321.jpg

手を掴むの反則~
DSCF0002AVI_000005104.jpg

どんだけ腹減ってんだよ!!
DSCF0002AVI_000006841.jpg



cetegory : ねこ & 犬  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年07月04日(金)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤