Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ 怒りの東赤石山
Posted on 25.2015
紅葉がなかなかいいとの情報を得たもんで、東赤石山周辺でツェル泊でもと出かけてました。

今回のルート概念図
1_赤石_概念図271025

9:25 筏津登山口を出発するのであった
2_DSCN2671.jpg
相変わらず遅い出発、もっと早起きしようね

登山口のすぐ上で恥ずかしがりやなマムシちゃん発見
3_DSCN2672.jpg
「大丈夫、大丈夫。今日は写真を撮るだけだって!とっ捕まえてホワイトリカーに漬けたりしないからさ~」
なのにカメラを向けるとそそくさと逃げていきました

写真ではアレだけど、実物はなかなかカラフルで良かったですよ
4_DSCN2673.jpg

このルート最大の危険個所、東赤石登山道名物「腐った橋」
5_DSCN2674.jpg

こんなのが何ケ所もあります
6_DSCN2675.jpg

この程度の高さでも落ちればそれなりに・・・
7_DSCN2676.jpg

途中の沢筋で紅葉を眺めながら休憩
8_DSCN2678.jpg

「ミヤマハナゴケ」だったっけ?
9_DSCN2685.jpg
この地衣類もこの山系の特徴

東赤石山頂到着
10_DSCN2688.jpg
実はこの標識の裏にはおでん文字の落書きがあります
岩にもガリガリーッてやられてまして、おでん文字を
もし犯人を見つけたら

マムシを投げつけてやる!

と、心に誓うのであった・・・

で、気を取り直して八巻山方向
11_DSCN2689.jpg
山頂に若いのが二人いて、その後合流しました

新居浜市方向もちょっと霞んでました
12_DSCN2690.jpg

赤石山荘付近から八巻山
13_DSCN2694.jpg
なかなか立派な岩山で通過に時間がかかるので本日は横道スルーします

物住の頭に向かう途中を、久しぶりに立体視
14_DSCN2697.jpg
左目で右、右目で左の画像を見ると「あーら不思議!」
あっ、ここは見た目ほど足元は悪くありません、落ちたら知らんけど・・・

物住の頭到着
15_DSCN2698.jpg

そして、西赤石山
16_DSCN2700.jpg

銅山越で一休み
17_DSCN2702.jpg

疲れてくると、水ってなんとなく飲みにくいっていうか、喉を通りにくくないですか?
そういえば、アメ軍の戦闘糧食「MRE」には必ず粉末の駄菓子屋飲料が付いてたな・・・
18_DSCN2703.jpg
そんなわけで持ってきました、駄菓子屋飲料
いや、じつはこれいただきものでして、ありがとうですEMJさん

大永山トンネル
19_DSCN2704.jpg
あれ?下山?ツェル泊は?

おつまみ買い忘れた・・・
おでん文字でテンション下がったし・・・
水も心細いし・・・

さて、ここから筏津までランか?と思ったら、そうなんです先ほど八巻山にいて、日浦に下山した二人組と再会しまして、なんと筏津まで車で送ってくれることに!好青年のご厚意に甘えて

びゅーーーんと、あっというまに筏津到着

ありがとうでした、インテグラの若者!!


スポンサーサイト
cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(2)  ✤ 
2015年10月25日(日)   by 芋次郎
 ✤ ぐるっと一周、石鎚山
Posted on 06.2015
G.Wは後半になってやっとお天気がよさそうだったからね、チョイとツェルトで行ってきた。もう手慣れたもんだ、ツェルト泊。

石鎚のロープウェイ前に駐車して
1_DSCF5450.jpg

石鎚古道登山口
2_DSCF5452.jpg
右方向に行って、明日左側から戻る予定

成就社到着
3_DSCF5456.jpg
いや~ほんとに今日は天気がいい

遥拝の鳥居
4_DSCF5457.jpg

夜明峠からの石鎚主峰
5_DSCF5466.jpg
谷筋にちょっと雪渓があるが、まあ例年通りかな

弥山から天狗岳
6_DSCF5484.jpg
今日は命知らずなロッククライマーはいませんな

そこからちょっと左をみると、本日の宿泊予定地「瓶ヶ森」でございます。
7_DSCF5485.jpg
日没まで、まだ6時間あるので・・・まあたどりつけるかな?

土小屋に向かっているけど、なんだかチベット仏教の修行中みたいな気がしてきた
8_DSCF5492.jpg

アケボノツツジ
9_DSCF5494.jpg

土小屋到着
10_DSCF5506.jpg
ここで少しぼったくられながらアクエリを追加補給して、よさこい峠まで林道歩き

よさこい峠から伊吹山に向かいます
11_DSCF5510.jpg

伊吹山(1,502.8m)
12_DSCF5519.jpg
百名山のパチモンですが、本家より高いです。

で、ここまでくると瓶ヶ森はもうすぐ
13_DSCF5521.jpg

また、林道まで下りて、「山荘しらさ」前から山道です
14_DSCF5525.jpg

途中、子持ち権現の登り口
15_DSCF5531.jpg
登りませんよ、トカゲじゃあるまいし

少し離れてみると、こんなんですよ!
16_DSCF5533.jpg
高いところは苦手なもんで、はい。

なんだかんだで、予定通り瓶ヶ森到着
18_DSCF5545.jpg

今日歩いた稜線を振り返る
19_DSCF5546.jpg
こんだけ頑張ると今宵のお酒はまた格別なんですよ

おっと、その前に寝床建設
20_DSCF5548.jpg

では、少し早いですが一人宴会始めますね
21_DSCF5549.jpg
雪渓ないからビールがぬるい!!

日が暮れると、しまなみ海道の夜景
22_DSCF5578.jpg
でもね、三脚忘れたの。石鎚山頂で気が付いたわ。

【翌朝】

朝飯の準備をしながらご来光待ち
23_DSCF5604.jpg

ちょっと霞んでて今一つのご来光でした
25_DSCF5617.jpg

今朝の朝飯は
26_DSCF5636.jpg
アルファ米の鳥飯とインスタントみそ汁でございます。
あの~アルファ米ってめちゃくちゃ不味くないですか?1日歩いてへとへとに疲れてても不味いアルファ米もカツオフレークや焼き鳥の缶詰を投入して、お湯を注げば結構いけますよ。今日はタレ味の焼き鳥缶を使用。

昨日頑張った石鎚を眺めて感慨にふけりながら・・・
27_DSCF5638.jpg
いや、そんなガラでなかった。さ、かーえろ。

最後に氷見二千石原
28_DSCF5648.jpg

帰り道池田P.AでCCレモン
29_DSCF5661.jpg


cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(8)  ✤ 
2015年05月06日(水)   by 芋次郎
 ✤ 石鎚のちペヤング
Posted on 18.2015
ここんとこ天気が悪かったので、車でのアクセスが確実な石鎚山へ、なんと!ロープウェイという乗り物を利用して行くことになりました。

登りで乗るのは初めてですよ。
1_DSCF3868_convert_20150118170959.jpg
こんなに楽ちんだったとは、驚きでした。つか当たり前。

成就駅に到着
2_DSCF3871_convert_20150118171044.jpg
もうここからアイゼン装着で

今日は珍しく単独ではありません
3_DSCF3874_convert_20150118171105.jpg
ちなみにこの人、今日が雪山デビューです

前社森まで来たけど・・・・天気悪い、風も強い
4_DSCF3880_convert_20150118171121.jpg
そこで、岡山から来てた別のグループが「撤退」すると言う。
思ってても言い出せなくて、一人が言うと連鎖反応を起こす、連れションの法則 発動

ロープウェイ乗り場まで戻ったところで晴れたけど、相変わらず不安定な天気なので撤退が正解でした。
5_DSCF3895_convert_20150118172054.jpg

再びロープウェイ上の人となる
6_DSCF3916_convert_20150118171154.jpg

失意の下山時CCレモン普及活動
7_DSCF3922_convert_20150118171211.jpg

失意のまま、お酒の量販店に立ち寄りますと・・・見つけたんだな、ぺヤング
8_DSCF3924_convert_20150118171228.jpg
賞味期限が今年の3月なので、「G騒動」以前に生産されたものみたい。まあ、ゴキブリも加熱処理されてれば別に毒ってこともないだろうし、他人の「歯」よりはマシですよ。気分的に、


cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(0)  ✤ 
2015年01月18日(日)   by 芋次郎
 ✤ なかなか雪が降りませんね
Posted on 01.2014
突然ですが、キャンピングカーの反対語ってなーんだ?

答え:ツェルトかな?

先日、二人目のブロとも相互リンクと相成りましたこと、ご報告申し上げます。
「森人(もりんちゅう)」さん、すげーキャンピングカーで全国津々浦々旅をされています。
「かじくら」さん、ツェルト1枚で3000m級を縦横無尽。

お二人とも人生を謳歌するという点では一致ですが、方向は全くの真逆だと思いません?
いずれにしても自分のスタイルを貫く漢(おとこ)なブログですので、皆様アクセスしてみてください。

では、ここから本題
雪化粧くらいしてるかな?でやってきました。西条市の石鎚ロープウェイ前
1_DSCF3269.jpg
ここに車を停めて

橋を渡れば瓶ヶ森、階段を登れば石鎚山
大宮橋3_DSCF3271.jpg
さーて、どちらに行こうかな?十円玉の表裏で占って、神の思召しは石鎚でした。

ここも十円玉で、土小屋方面直進に決定
4_DSCF3272.jpg

なんのこっちゃ?なんで替え歌なの?しかも大声で?
5_DSCF3275.jpg
街ではやらないほうがいいと思うよ。

途中は省略して、土小屋到着です。
7_DSCF3285.jpg
国民宿舎は冬季休業中

う~ん、瓶ヶ森がよかったかも
瓶ケ森

いや、やっぱりこちらもいいよ~
9_DSCF3295.jpg

三の鎖のところだったかな?バイオトイレが完成しています。
10_DSCF3301.jpg三の鎖
鎖の元小屋も近々完成か?

弥山到着
12_DSCF3306.jpg
山頂小屋も冬季休業中。冬季の避難部屋を開けてくれています。

時間的にまだ早いので。ちょっと「二の森」まで寄り道しますね。
二の森

弥山から少し下って面河分岐です。
面河分岐

山頂小屋自体、かなりヤバい場所に建てられてます。
弥山

二の森到着
二の森
の~んびりおにぎりを食ってると・・・

突然ガスってきた!
二の森
雪も降り出しそう。慌てて引き上げることにします。

夜明峠ですが、祠の幟のバタバタ具合、分かります?
夜明峠
凄い風と雨です。11月末だというのに雨です。

道なりに進むとロープウェイです!
21_DSCF3344.jpg
でも、財布は車に置いてきましたので、手持ちの現金は10円。徒歩下山に決定。
最後まで10円玉で進路が決まってしまいました。トホホ・・・

そして下山時はやっぱりコレですね。下山時CCレモン普及協会さん。
22_DSCF3346.jpg
最近はCレモ・ゴールドってのもあるんだ。

cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(0)  ✤ 
2014年12月01日(月)   by 芋次郎
 ✤ 旧寒風山トンネルから瓶ヶ森
Posted on 22.2014
9月21日~22日で旧寒風山トンネルから瓶ヶ森を一泊二日で行ってきました。
いつもは早起きして、日帰りのコースなんですけどね、降水確率10%だったので、急遽出撃することにしたのですよ。

【ルートマップ】
kamegamori_convert_20140924134814.jpg
瓶ケ森山頂が愛媛県内であるため、カテゴリとしては「愛媛県の山」に分類しております。が、が、がっ、
今回のルートの99%は高知県側にあり、駐車場、林道および登山道の維持補修は高知県側が実施していますこと、申し添えておきます。(配慮の男、芋次郎)

【コースタイム】
旧寒風山TNL駐車場13:00 - 桑瀬峠13:50 - 伊予富士15:20 - 東黒森16:10 -
林道取り付き16:30 - 瓶ヶ森登山口17:40 - 瓶ヶ森山頂18:20(泊)

瓶ヶ森山頂7:00 -伊予富士登山口8:50 - 3号隧道9:35 - 駐車場11:00

寒風山トンネル登山口

勤務の関係で出発が遅くなり登山口出発は午後1時です。暗くなるまでに6時間ほどあるので瓶ヶ森までは行けるでしょう。

桑瀬峠から寒風山方向
2_DSCF2083_convert_20140922190151.jpg
急にガスってきた。今にも降り出しそう。

今更引き返せん。伊予富士に向かいます。
3_DSCF2088_convert_20140922190405.jpg

伊予富士
4_DSCF2099_convert_20140922190538.jpg
今日の主な食料は、たまりにたまった賞味期限切れの皆さんです。ところで、標識の「移動可」ってどういうこと?

緊急告知
5_DSCF2102_convert_20140922190615.jpg
伊予富士から東黒森手前の岩にタオルを置き忘れた方がいらっしゃいます。風で飛ばされないよう石を置いときましたので、お心当たりの方は至急回収に向かってください。

東黒森
6_DSCF2108_convert_20140922190649.jpg
標識の上にサングラスを置き忘れた方がいらっしゃいます。風で飛ばされないようにしておりますので、お心当たりの方は至急回収に向かってください。

ここで一度林道に下ります。
7_DSCF2120_convert_20140922191000.jpg
向こうに見えるのが自念子の頭(じねんごのかしら)

ちょっと時間的に遅いので、ここからは林道で瓶ヶ森登山口を目指します。ここはホームグラウンドでもありませんしね。
とか言いながらほんとは登りがイヤになってきたのですよ!テン泊装備重い。
8_DSCF2125_convert_20140922190837.jpg9_DSCF2160_convert_20140922190921.jpg
そして、瓶ヶ森登山口。ここは吉野川の源流の地でもあります。

やっぱりこの時間。瓶ヶ森到着
10_DSCF2162_convert_20140922191117.jpg11_DSCF2163_convert_20140922191154.jpg
テント設営完了は暗闇寸前でした。

まずは晩飯にしましょう。
12_DSCF2167_convert_20140922191247.jpg
賞味期限切れでない、焼鮭おにぎりと天そばです。今日は和風ってことで・・・

霧の切れ目を狙って渾身の1枚!?
13_DSCF2173_convert_20140922191333.jpg
今治市から「しまなみ海道」の夜景。でも、ここ(瓶ヶ森)いいよ。次は天気のいい日に再挑戦ですな。

ついに雨が降り始めたので、一人宴会にします。前回のドライソーセージとバーボンがことのほかよかったので、同じ組み合わせにしました。
14_DSCF2175_convert_20140922191404.jpg15_DSCF2176_convert_20140922191525.jpg
こんな感じでくつろぎながら、ぼちぼち寝るとしますか。「あーした天気になーあーれ」

【本日の花】
??ケマンみたいだが・・・ケマンの花期は春だし・・・なんでしょ??
16_DSCF2071_convert_20140922191602.jpg
アキチョウジでした。(9月24日追記)

フデリンドウ?なんかちょっと違うような・・・
17_DSCF2074_convert_20140922191646.jpg
アサマリンドウです。(9月24日追記)
以上、アキチョウジとアサマリンドウは訪問くださった方がコメントで教えてくれました。ありがとうございました。

これは「ツリフネソウ」ですね。
18_DSCF2155_convert_20140922191729.jpg
このくらいは分かります。

翌朝。はい、大雨でした。予定をすべて変更し、林道を歩いて帰ることにします。
19_DSCF2186_convert_20140922191812.jpg
カメラはザックの奥に封印しましたので、ここからは写真なし。

と、思ったら途中で雨がやみました。
20_DSCF2187_convert_20140922191849.jpg

3号隧道
21_DSCF2194_convert_20140922191953.jpg
この林道にはこんなトンネルが8か所ありますが、これが一番長いです。

このトンネルを抜けると・・・
22_DSCF2201_convert_20140922192046.jpg
「油ばば」とか「顔なし」いるかも?いねーよ!

駐車場到着です。
23_DSCF2202_convert_20140922192128.jpg
昨日の出発から22時間のうち実行動時間は9時間20分でした。荷物が軽ければ十分日帰り圏内です。でも、また泊りで来ます。晴れた日に


cetegory : 愛媛県の山  ✤  comments(5)  ✤  trackbacks(0)
2014年09月22日(月)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤  NEXT»»