Admin

暴飲暴食リセットのための強制山歩き

プロフィール

芋次郎

Author:芋次郎
四国の山を中心にトボトボ歩いています。野良犬芋次郎の記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ

ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

まとめ

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)   by 芋次郎
 ✤ アルベルト頂上決戦#4(記録を更新編)
Posted on 08.2018
日付は5月6日に変わってゴールまであと少し。
あと3時間くらいの距離なんだが、25時間寝ていない。まあ行けるところまで行きますか。

吉野川大橋を渡る
1 yosinogawa
うぅ~しんどい。吉野川が三途の川にも見える気がするが、対岸でキレイなお姉さんが「おいで、おいで」してないから渡っても大丈夫と思う。思いたい。

とか何とか言いながら、小松島市の24H量販店でおつまみでも仕入れて帰ります。
2_dio.jpg
いやいや、そんな余裕をぶちかましている場合ではない!このしんどさ、ハンパないぞ!

那賀川鉄橋を渡っています
3_nakagawa.jpg

その後、午前2時57分自宅到着しました。
5_gole_0257.jpg
手持ちのサイコンで総走行距離は826kmでした。

5月6日 0:00~2:57 まで
4_saisyuumatome.jpg
タイムラインによると区間走行距離48km

5月3日午前7:37に出発し5月6日午前2:57到着でした。(2日と19時間40分)
もう無理、これ以上の記録更新は職場の若いのに託すとしますか。

以上、激しく充実したG.Wのレコでした。

ところで、モルゲッソヨはその後どうなったか
どなたか知りませんか?

【注意】
睡眠不足は急性心不全や脳の血管がプッチンすることがあります。よい子はマネしないでください。
疲労や睡眠不足が原因でキレイなお姉さんの「おいで、おいで」が見える場合、ついて逝く行くかどうか総合的に判断してください。


スポンサーサイト
cetegory : チャリンコ  ✤  comments(2)  ✤ 
2018年05月08日(火)   by 芋次郎
 ✤ アルベルト頂上決戦#3(モルゲッソヨ消息を絶つ編)
Posted on 08.2018
また日が変わって5月5日の行程が始まりました。モルゲッソヨはもう西予市に入っているような・・・って、休んでる?食ってる?寝てる?

宇和島市中心部を通過して吉田町
1_yosidamati.jpg

またここから急勾配、トンネルの10連続ルート
2_10rennzoku.jpg
地味な出で立ちの方はここで反射タスキをご利用ください。

西予市に入った
3_seiyosi.jpg
そして、モルゲッソヨに追いつき追い越した!ぶっちぎって差し上げた!

大洲市内では気温6度くらい
4_kionsokutei.jpg
この時期にしてはチト寒い。でもね、ワタクシ寒さには強いのです。なんともないのです。

ここでもコンビニ、長浜のローソン
5_oozuasamesi.jpg
程なくしてモルゲッソヨも追いつき何やら食ってます。

肱川の可動橋はやっぱり日の出前
7_hijikawahasi2.jpg

長浜港で夜明け
8_nagahamakou.jpg

個人の民家だと思うが、ヒコーキとか怪しげなオブジェが飾られてます
9_hikooki.jpg
手前のはP-51ムスタングだよね?

こちらは海軍の局地戦闘機「雷電」だな
10_raiden.jpg

この逆ガルウイングは分かりやすい「F4Uコルセア」
11_korusea.jpg
で、向こうのは陸軍の3式戦闘機「飛燕」でしょうか?

幸せの黄色い漁船
12_kiirohune.jpg
こんな色の漁船初めて見た、下灘漁港にて。

今治のちょっと手前の海岸で一休み
13_namakonnhama.jpg

今治市を通過し西条市
14_isiduti.jpg
おぉ、あれに見えるは石鎚山ではないか!谷筋にはまだ雪が残っているようです。
チャリンコ四国一周のオプションツアーとして石鎚登山を組み入れ・・・いや、なんでもない。

愛媛県も終盤、川之江市内を徐行中なんだが
15_kawanoe.jpg
なんだか変な感じ。サラサラの鼻水が・・・、この感触はもしや・・・
出ました! 鼻血です!!
疲労が原因と思われる鼻血出た。

しばらく休んで最寄りのコンビニに急行する
16_ripobi.jpg
ふぁいと~!いっぱーつ!リポビタンD
「つらい疲れに」効くらしいが、ホンマに効くんか?鼻血級「つらい疲れ」やぞ。
ここでモルゲッソヨの位置確認をするが土居町付近からしばらく移動していない?

香川県境に到達
17_kagawapref.jpg
鼻血と共に去りぬ愛媛県!

連休中なので高松中心部は混雑が予想される
18_kotohirahe.jpg
琴平ルートで中心部は避けたいと思う。

相変わらずモルゲッソヨの位置情報が更新されない
20_sanukihuji.jpg
少し前に「予定通り高松市経由で帰る」とのメールを最後に位置情報がオフラインとなった。
それほどバテているようでもなかったし、まあ自分で何とかするだろう。

徐州讃岐平野で洒落た文句に振り返ると麦畑
19_komugihatake.jpg
これは多分「讃岐の夢」ってうどん専用小麦なのです。そうだ、せっかく香川まで来たことだし、うどんでも食っていこうか。ずーっとビニ飯ばっかりだったしね。

でも、もうこの時間ではローカルなお店は既に閉店時間を過ぎておりまして
21_takamatukonbini.jpg
やっぱりコンビニ。ローソンではない。

ペペロンチーノ
22_711mesi.jpg
パスタはGI(グリセリミック インデックス) が低いから長く効くのです。

午後10時を過ぎてただいま戻りました徳島県
22_kennkyou.jpg
そのあと松茂町で日が変わりました。

5月5日のまとめ
23_hutukameend.jpg
移動時間22:44 距離359km


cetegory : チャリンコ  ✤  comments(0)  ✤ 
2018年05月08日(火)   by 芋次郎
 ✤ アルベルト頂上決戦#2(足摺岬の激闘編)
Posted on 07.2018
日が変わって 5月4日 AM02:45
アラームに叩き起こされ軽く食ったら苦行は続く、まだまだ続く。
しかも、この日はシコイチで最もアップダウンの多い足摺岬周辺のルートなのです。
1_yakezakaasamesi.jpg
出発前に位置情報で確認すると、モルゲッソヨは既に中村付近にいるようです。もしかして寝てない?

シコイチルートで最大の高低差を誇る久礼坂、七子峠への登り
2_nanako0256.jpg

窪川を通過して黒潮町に侵入
3_katasaka0446.jpg

高知では「カツオのぼり」なのです。
4_saganobori0535.jpg

カツオ一本釣り船団の拠点、佐賀港で夜が明けた。
5_sagahinode0543.jpg

消化吸収が追い付かん!
7_asamesinakamura0636.jpg
朝飯も軽くいっときました。

四万十川渡河中
8_simanntotuuka.jpg

四万十川右岸を下流方向に
9_simanntokaryuuhe.jpg

出発から24時間が経過
10_24jikeika.jpg
走行距離は292kmでした。激向かい風の割には進めてます。

足摺岬が見えてきた
11_asidurimieta.jpg

大岐の浜
12_ookinohama.jpg
ここにも波乗りさんがいっぱい。

チャリンコ四国一周の盲腸
13_moutyousinnnyuu.jpg
足摺半島に入った。もう、とにかくアップダウンの連続で勾配も結構キツイんだ。

岬灯台の駐車場到着
14_toudaityuusyajou.jpg
ここは今回の通過ポイントに指定されてます。ここを通過しなければ失格となります。そういうルールなのです。

ついでに岬の灯台まで行ってきた
15_asiduritoudai.jpg
徒歩で往復5分くらいです。

土佐清水の中心部で昼飯、またビニ飯
16_hirumesikakiagedon.jpg
かき揚げ丼+金ヌー

実は昨日からペダルからギッコンギッコン音が鳴る鳴る
17_sinnpadaru.jpg
ホームセンターに立ち寄ってペダルを交換するのです。

化石蓮痕
18_kasekirenkon.jpg

正木トンネル
21_ehimetotunyu.jpg
ここから愛媛県。お邪魔します愛媛県。

宇和海では海の様相がガラッと変わる
22_uwakaisinju.jpg
真珠の養殖筏なのです。

歩行者自転車専用トンネル「風の通り道」
23_kazenotorimiti.jpg
風の通り道を抜けると

「おっ、ええ感じ」旧津島町の嵐坂ポケットパーク
24_arasikyuukei.jpg
時間は早いがここで休憩することに。

東屋に転がり込んで
25_jakotenn.jpg
宇和島といえばの「ジャコ天」で一人宴会始めまして、その後爆睡したのでした。

この日のまとめ
26_hutukamematome.jpg
移動時間 15:20 距離215kmでした。


cetegory : チャリンコ  ✤  comments(0)  ✤ 
2018年05月07日(月)   by 芋次郎
 ✤ アルベルト頂上決戦#1(旅立ち編)
Posted on 06.2018
G.W後半の4連休でございます。低気圧が過ぎ去って、お天気も良さそうなのでサイクリングなんかいかがでしょうか?ってことで
ママチャリチャレンジ四国一周72時
(長丁場ですので何回かに分けてレコうpします。)

雨も上がって午前8時ちょっと前
1_hukuieki.jpg
JR牟岐線阿波福井駅で装備品の最終確認
スタンドはついていないのだな。
スタンドなんて飾りです。偉い人には分からんのです!!

道の駅日和佐到着
2_mitinoeki.jpg
今回は単独ではありません

無法者のチャレンジャーがいるのです
3_morugearuberuto.jpg
やっぱりアルベルト
でもね、フルマラソンが3時間チョイって強者(以下、モルゲッソヨと称する)
AM9:00を過ぎてそれぞれのペースで出発です

牟岐町の内妻海岸では波乗りさんがいっぱい
5_utiduma.jpg
ここはあまり大きな波は来ませんので大体がビギナーです。

快調に走って高知県突入
6_koutikennkyou.jpg
今回予定のルートでは約4割が高知県になります。
とにかく長いんだ。

室戸岬に向かっております。
7_to muroto
今回は挑戦者と互いにスマホの位置情報を共有し相手がどこにいるか分かるようにしていますが、それによるとモルゲッソヨは既に室戸岬に到着したようです。
無茶苦茶速いんですけど??
流石に「赤いアルベルトのモルゲッソヨ」と呼ばれるだけのことはある。

ここで一気に距離を詰めるとしますか
8_mitubunkihennsyuu.jpg
直進すると岬経由、平坦だけど遠い。右に進むと近いけど山越え。どちらを選ぶかは自由ってルールなんです。

それでもまだ10kmくらい離されてますが、室津のローソンで昼飯
10_murotohirumesi.jpg
海苔弁&後乗せサクサクどん兵衛天そば

刺客現る
11_sikyaku.jpg
竹輪天を少し分けてあげたら・・・

団体さんいらっしゃいました
12_sikyakudanntai.jpg
昼飯がかなり目減りした

気を取り直して室戸を後にするが激向かい風
13_gyouto.jpg
風波が立ってるの分かります?もう泣きそうなんですけど。

安芸市からはいつもの自転車道
14_jitedouguti.jpg
15_jitedou1.jpg
16_jitedou.jpg

途中の休憩所で一休み
17_jitedoukyuukji.jpg
室戸の海洋深層水&混ぜもの
18_jitedouhokyuu.jpg
向かい風で予想以上に消耗しているのです。

南国市、物部川(ものべがわ)通過中
19_monobegawa.jpg

晩飯もコンビニ
22_nannkokuro-sonn.jpg
23_nankokubanmesi.jpg
ロースとんかつ弁当のタバスコ添え

浦戸大橋はやっぱり押して歩く
24_uratooohasi.jpg
大型車多い、勾配きつい、路肩狭い
安全第一なのです。

須崎市のかわうそトンネル
25_kawausotonneru.jpg
なんと!ここでモルゲッソヨに追いついた。

でもしんどい、ちょっと寝るカツオで有名、久礼の焼坂休憩所
26_yakezaka.jpg
27_yakezakahairu.jpg

ベンチをそろえてお酒などなど
28_yakezakabanmesi.jpg
南アルプスのスパークリングレモンとスキットルの中には富士山麓、おつまみはミミガー

この日のまとめ
Screenshot_2018itiniime.jpg
タイムラインによりますと
移動時間13:25  距離206km


cetegory : チャリンコ  ✤  comments(0)  ✤ 
2018年05月06日(日)   by 芋次郎
 ✤ G.Wですよ!!
Posted on 28.2018
久しぶりの山ネタでございます。

ゴールデンウイーク初日を祝して石立山に向かっております
1_tookukara.jpg

R195沿いの登山口
2_isitatetozanguti.jpg
そうなんです。ここ駐車場がないのです。少し離れた広い路肩に車を置いてきてます。

久しぶりでナマった身体に喝を入れながらどんどん高度を上げていきます。
3_isidatetotyu.jpg

岩場の難所に差し掛かる
4_nansyo1.jpg
石立は大昔の珊瑚礁の成れの果てで全体が石灰岩でできているのです。

山頂が見えた
5_santyomieta.jpg
近そうに見えるけどね

まだまだ難所は続く
6_nansyo2.jpg
手を使うところも少しはあります。
それでも高知県側ルートから比べれば楽な方なのです。

かなり登ってきた
7_kitagawasyuuraku.jpg
眼下に見えるは那賀町北川地区。

廃山小屋
8_koyaato.jpg
ずーーーっと前から倒壊しそうなんだけど、頑張ってます。

もうすぐ山頂
9_santyosukosi.jpg
この辺りまで来れば普通の登山道です。

別府ルートとの合流
10_befubunki.jpg
このルート、今では廃道になってない???

鹿の食害で枯れ木ばっかり
11_syokugai.jpg
昔々はダケカンバとかで鬱蒼とした山頂でした。さらにその前は珊瑚礁。

山頂1,707m到着
12_santyou.jpg
ここまで2時間12分
久しぶりの割にはまずまずのコースタイムでした。
が、、、帰り道で膝がプルプルなったという。


cetegory : 徳島県の山  ✤  comments(0)  ✤ 
2018年04月28日(土)   by 芋次郎

 ✤  BLOG TOP  ✤  NEXT»»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。